英会話Tips カンボジア日記2 カンボジアの子供たちと英語レッスン!


おばんです。

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

本日の英語クイズは、知ってそうで知らない単語。

 

お坊さん

尼さん

 

英語でなんという??

 

 

 

 

 

 

 

お坊さん monk

尼さん nun

 

ですね。

 

 

 

はいはい、さてさて。

今回、カンボジアに来た目的は、

1  JECからの寄付の品とお金を、カンボジアのNGOが運営する学校に届けること

2  カンボジアの子供達に、英語を教えること

 

ということで、約半年前から準備してきたこの旅の本番が、とうとう来た!

今回のこの旅が実現できたのは、3年前に訪れたときに知り合いになった、カンボジアの賢い青年、Paillin君のおかげ。

こちらのNGOのスクールを視察してくれ、認可されているちゃんとしたところを紹介してくれた。

 

前日の夜、ホテルにてスタッフミーティング。

ああでもない、こうでもない、といろいろ話した結果、1日目は日本の文化を伝えるというテーマで英語のレッスンをすることに決定。

オーストラリアでも大人気だった折り紙レッスンも入れることにした。

が、折り紙普段やってないので、覚えてないので、youtubeを見ながら折り紙練習!

 

 

ということで、やってきました。

今回訪れている学校は、世界中からボランティアを受け入れている、こんなところです。https://www.kidtea.org/

 

相変わらず、可愛らしい、キラキラした目の子供達がいっぱい!

ちょうど朝ご飯の時間で、ボランティアのフランス人の先生がお芋を配っていた。

この地区では貧しい子供たちが多いので、朝ご飯を毎朝提供しているらしい。

 

早速、クラスにどうぞと言われたMonica先生。Monicaという名前は、なんとカンボジアでもあるらしく、こちらの人には覚えやすいらしい。

 

日本のことを紹介したり、カンボジアのことを教えてもらったり、折り紙を一緒に折ったり。Monica先生は、風車を作りました。

 

スペリングゲームに参加したYumiko先生。

 

Yumikoという名前がこちらでは難しいらしく、ウミコーウミコーと呼ばれていましたが、たった1日で人気者になったウミコ先生。

 

私が担当したのは、一番大きい中学生クラス。こんなボロボロのホワイトボード初めて見た。

 

みんな男子ばかりでシャイだったけど、たまに見せてくれる笑顔が嬉しかった。

 

お芋をもつ、今回の現地協力者であり、観光ガイドのPaillinくん。

 

中学生クラス担当の先生。

 

しかし、こちらではびっくりするくらい、みんな日本のことを知らない。

世界地図を見ても日本がどこかが全くわからないし、東京を知ってる子が1人いただけ。

そうか、私たちもカンボジアのこと全然知らないもんね。同じだね。

 

JECのみなさんからもらった学用品を、みんなに配りました。とても喜んでくれたよ。

 

 

このスクールの代表の、Sopharaさんとミーティング。

15年Monk(おぼうさん)だったという彼は、とても立派な人で、ちゃんと信じられる人だと確信した。

 

最後に、日本から運んできた寄付の品と、みんなで。

 

改めて、カンボジアのために寄付をしてくれたみなさん、ありがとうございました。

品物のほかに、お金も集まり、全部で108,650円、代表の方にお渡ししました。

 

今、この学校に必要なものは、ホワイトボード、教材、新しいプリンターということで、必要なものを買ってください、と伝えました。

買ったものは、必ず写真を撮って伝えます、ということだったので、またこのブログでご報告します。

 

まずは、1つ目のミッションクリア。ほっ。

 

充実感満載の1日。

 

なんだか幸せな気持ちで、おやすみなさい。。

 

Jean

鹿児島の英会話スクール 英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

電話:099-219-3815

Emailcontact@jec.jellybean.jp

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です