英会話Tips お別れの言葉を英語で。 そして、こんにちはとさようなら。


おばんです。

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

今日の英語クイズは、お別れのときに使える表現をいくつか。

 

1 じゃぁね。

 

2 いろいろとありがとうございました。

 

3 寂しくなるなぁ。

 

4 がんばってね。

 

5 あなたのことは絶対忘れないよ。

 

英語でなんという??

 

 

 

 

 

 

 

 

1 じゃぁね。 See you around.  /  See you later. /  See you soon.

 

2 いろいろとありがとうございました。 Thank you for everything.

 

3 寂しくなるなぁ。  I will miss you.

 

4 がんばってね。   Good luck.

 

5 あなたのことは絶対忘れないよ。  I will never forget you.

 

 

 

 

 

はいはい、さてさて。

 

今日はねぇ。

すごく嬉しいことと、すごく悲しいことがあったよ。

 

すごく嬉しいことは、約2年ほど前に、インターナショナル幼稚園にて英語でダンスを教えていた教え子ちゃんと再会。

英語も上手だったし、ダンスも上手だったし、積極的にレッスンに取り組んでくれていた、なんでもできるお利口ちゃんだった彼女は、小学生になりちょっとお姉さんになって私の前に現れた。

 

なんかさ、子どもが急に大きくなった姿を見ると、問答無用に感動しますよね。

あぁ良かった、ちゃんと元気に成長してるんだ、と思うだけで嬉しくなる。

 

体験レッスンを受けてくれて、ママとも色々話せて、レッスンをスタートしてくれることになった。

将来が楽しみな子が、また一人。

 

 

 

 

そして、すごく悲しいことはね。

 

2年ほど通ってきてくれていた3兄弟が、今週でレッスン終わり、アメリカにお引越しです。

 

2年前に、メキシコから帰国したばかりだった3人。

兄弟と言っても、性格がみんな違う。

もちろん英語の力もみんな違う。

それぞれ3人の力に合わせてできるだけ英語力を伸ばそうということで、2年間、私たちなりにできることをできるだけやったつもり。

 

またいつか外国に行く予定だからそのときのために英語力を伸ばしたい、ということは初めから聞いていたけど、今日とうとうそのときがやってきた。

 

別れには慣れているつもりだけど、お花とこんな手紙もらったら涙が出ちゃうでしょ。

 

 

It was a wonderful time that I was with you.

 

1行目を読んだだけで、涙。。。

 

帰国子女だから他の子より英語ができる。

クラスメートは、みんなすごく年上。

小学生なのに、日本の高校生レベルの英語レッスンをずっとがんばり、そして楽しんでくれ、他のクラスメートたちに、

 

「すげー!」

「かわいいー!!」

「さすが!!!」

 

と言われつつ、みんなにかわいがられ、いつも笑顔でがんばってくれた、一番上のお姉ちゃん。

質問に答えられないときには、くやしくて涙することもあったね。

でも、その悔しさがあなたを成長させるものだと思っています。

 

 

2番目の男の子。

繊細で、いろいろと気にする性格の彼。

そして、ときに急にすごい力を発揮する。

ねぇ、どうして、そのスペリング知ってるの?? と、私たちがびっくりすることがしばしばあった。

 

 

私が担当したレッスンにて、ぼーっとした後に、急に泣き出したときのこと。

 

「あ、あ、、あれ、私、なんか言った?」

 

と思い、

 

「Sorry, sorry, anything wrong???」

 

 

と聞いたら、彼が泣きながら言ったこと。

 

「バスケがしたい。。。。」

 

と言ったときの彼を、私はきっとずっと忘れないでしょう。

 

なんだか聞いたこのあるセリフ。。。と思ったら、これか。

 

その後、バスケを始めてやる気スイッチが入り、英語でも褒められることが多くなった彼。

バスケの本場のアメリカで、思い切りバスケを楽しんできてください!!

 

 

3番目の彼は、ただただかわいくて、めちゃめちゃフレンドリーでマイぺース君。

初めてうちの教室に来た日、Meg先生と私に、hug and kissしてくれ、妙に照れてしまった私。

 

工作が好きで、待ち時間の間に、

“Jean, rubber band, please.”

 

と、輪ゴムをもらいに、何度私のレッスンに入ってきたことか。

 

 

 

 

さようなら、みんなの人気者だった3兄弟。

 

思い出がたくさんあり過ぎて、思い返すと寂しくなっちゃう。

 

 

 

 

アメリカで、ほとんどの日本人ができないとても貴重な経験を、思い切りしてくるんだぞ。

そして、鹿児島に帰ってきたときは、他の子に英語を教えに遊びに来てください!!

 

 

そして、最後に、個人的に思うこと。

 

この3人のママ。

自分が思ったように子どもが動かないなんて、日常茶飯事の中で、

旦那さんの仕事のために、メキシコ、次はアメリカと、いろんな国に引っ越し、

パパがいない中で、子どもたちのこと、学校をはじめ、英語レッスン、バスケ、ダンス、などなど、子どもたちのために送り迎えを全てし、そのために自分の時間を捧げ、

 

私は、このママのことを、とってもとってもすごいと思う。

 

子どもたちがすくすくと健全に育っているのは、こんなパパやママや、じいちゃんやばあちゃんたち、そんな大人が陰でがんばっているからなんですね。

 

みんなで、日本の宝である子どもたちを育てるために、日本の大人はがんばっています。

 

 

あぁ、褒められるのはいつも子どもたちだから、たまには誰かが大人をもっと褒めてくれ!

といつも思っているから、ここで言っておこう。

 

子どもたちよ。

君たちのために、そして自分のために、大人たちもすごくがんばっているんだ!

それをわかっておいてくれ!!

 

 

今日はこの辺で。

おやすみなさい。。。

 

Jean

鹿児島の英会話スクール 英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

電話:099-219-3815

Email:contact@jec.jellybean.jp

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です