やばくて素晴らしい国、シンガポール。大学生が留学するべき理由。


おばんです。

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

今日の英語クイズは、シンガポールのfine制度について。
Fine は、もちろん、「いい」とか「立派な」という意味があるけれども、もうひとつの意味は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fine = 罰金

 

でしたね。

ということで、シンガポール、なんでやねん罰金リストをちょっくらご紹介。

 

Importing and selling gum ガムの持ち込み、販売

Fine: $10,000 or up to one year in jail 罰金80万円もしくは1年以内の禁固刑

 

Eating and drinking on the MRT 地下鉄での飲食

Fine: Up to $500 4万円以内の罰金

 

Feeding pigeons 鳩への餌やり

Fine: Up to $500 4万円以内の罰金

 

なんでやねん、シンガポール。

しかし、周辺のアジアの国と比べて、この国がこんなにもきれいな理由の一つなのか。

 

 

はいはい、さてさて、ということで。

 

シンガポールに来ております。

 

こちらは、毎日30度前後の気温で真夏。

思ったより湿度が少なく、割と快適。

 

今回は、シンガポール国立大学に行くチャンスがあり、来てみたところ。

 

シンガポールには前から興味があった。

 

1つ目のきっかけは、約3年ほど前。

うちの高校生の中で、歴代ぶっちぎりの英語力をもつ、高校2年生女子がJECでレッスンを受けていたときのこと。

お父さんフランス人、お母さん日本人、育ちはアメリカ。

英語とフランス語と日本語が話せるという17歳にしてすでにトリリンガルな彼女は、英検1級が取りたいということで、生徒さんからのご紹介でうちに来てくれた。

そんなハイレベルな高校生はそうそういないので、うちのレッスンをマンツーマン状態でレッスン。

 

そのお母さんが言ったのよ。

 

「娘は日本から出たいと言っているので、外国の大学にやらせたいんです。フランス、アメリカ、色々と検討しているんですが、今はシンガポールが一番ですね。まぁ、高いですけど。」

 

え?シンガポール?なんで??

 

私は顔には出さなかったが、心の中でそう思ったのをよく覚えている。

 

 

2つ目のきっかけは、ある記事で、シンガポール国立大学はがアジアで一番いい大学だと書いてあったこと。

調べてみました。

 

先日、Quacquarelli Symonds社の「QS世界大学ランキング」の2019年度版が発表されました。

 

シンガポール国立大(National University of Singapore)

アジアで1位

世界で11位

 

ちなみに、東京大学は世界で23位ということ。

やるな、シンガポール。。。

 

 

実際に行ってみると、大変に素晴らしい大学。

 

先生たちが世界中から集められた優秀な研究者たちだということ。

生徒たちも世界中から来ていて、とても国際的だということ。

学校の施設がものすごく充実しているということ。

緑がとても多いということ。

学食が、安くてセレクションがあまりにも多いということ。

学校の中に寮があり、安くて便利だということ。

 

まだ2回しか行っていないが、すごくいい大学だなぁと感じる。

 

シンガポール国立大学と提携している日本の大学はこちら。

【提携大学】
慶應義塾大学
京都大学
九州大学
東北大学
東京工業大学
東京大学
大阪大学
早稲田大学
国際教養大学
関西学院大学
上智大学
北海道大学

うーん、レベル高いなぁ。

でも、うちの卒業生たち、すでにここの大学に進んだ子たちいるし、もしシンガポール大学に交換留学で1年間とか行けるとしたら、私は強くおススメいたします!

 

一つ心に残ったこと。

カフェにコーヒーを買いに行ったとき、クレジットカードが使えるだろうと思いカードだけしかもっていなかったら、機械の不具合かカードが使えなかった。

大学内のカフェでコーヒーは1ドル(約80円)。

 

「現金なくて、コーヒー買えない。。くそうぅ。。」

 

と思っていたら、店員さんのおじちゃん

「いいよ、後でお金持ってきてくれたら。」

と、コーヒーくれた。

 

私の中で、シンガポールの株価が急上昇いたしました。

 

 

 

さて、シンガポールでの食事は、本当に世界中のものが食べられる。

しかし、高い!鹿児島人の私には高すぎる!東京の物価と同じくらいかな。

 

ということで、この国で安くて美味い食べ物というと、チャイナタウンに行くべし、とガイドブックに書いてあったので行ってみた。

 

うん、間違いない。

今日からごはんは毎日ここだな。

 

そういえば、トロントにいるときも、毎日のようにチャイナタウンに行っていた。

世界中どこにでもあるチャイナタウン。お世話になっております。

 

中国系の人が7割を占めるというシンガポール。

Chinese new yearをお祝いしている最中。

 

今日はこの辺で。

おやすみなさい。。

 

Jean

鹿児島の英会話スクール 英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

電話:099-219-3815

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です