通訳のお仕事2 AI=人口知能に負けず、これからの世界を生き抜く方法。


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

本日のあなたへの英語レッスンは、現在行っている通訳のお仕事で、とってもよく使っている単語いってみましょう。

 

1 労働条件

 

2 人権

 

3 残業

 

4 苦情

 

5 旅費

 

6 桜

 

英語でなんという??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 労働条件  working condition

 

2 人権  human right

 

3 残業  overwork

 

4 苦情  complain

 

5 旅費  travel fee

 

6 桜  cherry blossom

 

 

はいはい、さてさて。

 

通訳の仕事がやっと終わり、一週間ぶりに家に帰れた。

昨日は、6時にホテルを出発して、ホテルに帰ってきたのは夜の9時。

 

今回のお仕事は、Rainforest alliance という国際機関による監査の通訳。

http://www.rainforest-alliance.org/lang/ja

 

今回のお仕事で、会社の労働条件の監査などもしているので、

 

「Do you get paid for your overwork?」

(残業代はきちんと支払われていますか?)

 

と従業員の方に確認しているが、その前に自分の残業代が気になるわ。

 

いいホテルを準備してもらい、ホテルのディナーは、和洋食のフルコースですごく豪華!

 

だが、仕事についての反省と次の日の計画の話をしながらなので、いまいち落ち着かないが、仕方ない。

 

最終日の朝、チェックアウト直前に、やっと温泉に入れただけでもよかった。

 

 

通訳の仕事って、私、あまり好きじゃない。

どうしてかというと、通訳って、ひとつの言語を他の言語に変えるだけ。

基本的にロボットと同じで、ただの単純作業。

自分の気持ちだとか、もっとこうしたらうまくいくとか、そういうものは、基本的には必要ないし、また入れるべきでもない。

 

なんだけどね。

実際は、そうはうまくいかないのよね。

 

会社の役員の方に話すとき、

農家さんに話すとき、

大きな問題が起こったとき、

文化の違いを感じたとき、

聞きにくい質問をしないといけないとき、

 

ロボットではきっとできない、いろんな状況によって違う対応できるのが人間の通訳なのであり、だからこそお金を払って求められるわけである。

 

大きな通訳の仕事を引き受けるようになって、3年目。

やっと、そんなことが思えるくらいの余裕が出てきた。

 

 

今回通訳で使った、すごい役に立ったアプリはこれ!

Google translate

https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

いや、それくらい知ってるわと思われた方も多いでしょう。

いや、しかし、Google translateのすごいところはね、

英語だけじゃないぞ

フランス語もいける

ドイツ語もいける

中国語もいける

スペイン語もいける

インドネシア語もいける

ペルシャ語もいける

アラビア語もいける

・・・・・・

と、100以上の言語に対応してる。

 

ま、いらんけど。

と思いましたね?

わかってますよ、しかし!

こんな使い方を知ってますかな?

 

スマホアプリならではの、すんごい便利な使い方

 

  •  翻訳したいところを写真を撮る (カメラマークを押すと、カメラが起動される)
  •  撮った写真の中で、翻訳したいところを指でなぞる

 

そうすると、多言語に翻訳されます。

 

何がいいかというと、打つ必要がないのよ。

もちろん、まだまだ翻訳の精度は完ぺきではないけども、

こういうややこしい科学用語を訳すときには、すんごい役に立つ。

 

 

使えるものはどんどん使う。

そして、人間しかできないことを、努力してもっと高める。

 

これからの未来を生き抜くためには、そんなことが大事なように思います。

 

 

Jean

英会話のJEC

鹿児島の英会話教室 Jean’s English Class

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です