英語って、やっぱり、できたほうがいい。と思った日。


Long time no seeでした。

Jeanです。

ゴールデンウィークにて、遊びまくっておりました。

今夜のあなたへの英語レッスンは、さきほど中級会話クラスでやったこちら。

罰金

って英語でなに?

誰でも知ってる単語で言えるよ。

「罰金」= fine

です。

You have to pay a $100 fine if you don’t have a ticket.

(チケットを持っていなければ、100ドルの罰金を支払わなければいけない。)

はいはい、さてさて。

たくさんお伝えしたいことがある。

うむ、日々生きていれば、いろいろと思うところがある。

今日はね、大学で記憶の研究の日。

医学部の研究室なんて、頭が良さそーな、もっさりとした男ばかりのイメージがあるかもしれないが、

ま、おぼちゃんが出てきたことで、イメージが変わったかもしれないけれども

うちの研究室の女性陣は、

美人外科医が一人

ふつーの女性外科医が一人 (こら。)

おしゃべりな英会話講師が一人 ← 私

女子力が高い秘書さん

という構成。

でね、その美人外科医はネパールの方でね、おそらく私と同じくらいの年齢で、おそらく痛みの研究をしていると思われる。

毎週木曜日は、プログレスと言って、それぞれの研究成果の発表を順番にしており、私も3月末、自分の中間発表の前に一度やったことがあり、ダメ出しの嵐に耐えたわけであるのだが、

その美人ネパール人の発表は、もちろん、英語です。

教授の先生たちからのダメ出しも、質問も、コメントも、すべて英語です。

「いや、僕、英語苦手だから。」

なんて、たとえ思っていたとしても、そんなことは言えない。

そんなこと言ってたら、結局その場にいれないことになる。

いや、もちろん、医学部だからって、みんな英語がぺらぺらなわけじゃない。

はっきり言って、発音はかなりカタカナ発音も多いし、単語も限られてるし、みんなが自然な英語をすらすら話すわけでもない。

それでも、みんな英語を駆使して、発表もするし、質問もする。

発音が上手じゃなかろうが、えーとえーとと言いながらでも、その場を過ごす。

逆に言うと、私、その英語の発表を聞いてても、ちんぷんかんぷんです。

なぜかというと、医学の知識がまだまだなさすぎるから。

日本語で聞いても、同じくちんぷんかんです。

英語とか日本語とか関係ない。

ま、言いたかったことはね。

医学という分野は、おそらく世界で常にトップをいく領域だと思う。

人間の体のことって、私が今もっとわかりたいと思っている記憶のことを含め、人間がわかっていないことって、たっっくさんある。

去年から医学部に通ってみて、感じていること。

英語ってできるのが当たり前な世界がここにある。

日本人は英語が苦手だとか、話せない、とか、そんなこと言ってられない世界。

今の子供たちが大人になるころは、もっともっとそういう世界が広がっていくだろう。

これだけインターネットが普及し、飛行機代が安くなり、世界がどんどん小さくなってきているから。

だからさ、英語話せない、っていう理由で、こういうことがやりたいけどできない、ってことが多くなってくるんだよ。

それって、ちょーーーーもったいないよ。

何度も言うけど、英語って、単なる言葉。

頭いいとか悪いとか、あんまり関係ない。

やればできるんだよ。

環境の問題だけ。

と、切実に思った、今日の医学部研究室にて。

最後に、今アメリカの高校に通ってる、元うちに通ってきてくれた女子高生の写真をば。

早いねぇ、もうすぐ旅立って一年か。

英語はもちろんだけど、精神的にも成長した彼女にもうすぐ会えるのが、とても楽しみです。


ホストファミリーにかわいがってもらってる様子。

日本にいたら、きっと高校生の間は着ることはなかっただろう、大人素敵ドレス。

私は19歳のときに、カナダで一年を過ごした。

彼女は、17歳かな。

自分の生徒ちゃんたちが、英語を通じて、いろんな世界を見て、成長していくのを見てられるって、

いやぁ、なんていい職業についたんだ、自分!!

Lucky me!!!

おやすみなさい。。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です