今一番はやりの科学用語


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話レッスンは、さっきやった中級TOEICレッスンより、こちら。
よくTOEICにも出る、ビジネスワードの意味を答えなさい。

1 contribute

2 refund

3 accompany

4 subscribe

5 defect

1 contribute
「ーを与える、貢献する」

2 refund
「返金」

3 accompany
「-についていく、同行する」

4 subscribe
「ーを定期購読する」

5 defect
「不良品」

はいはい、さてさて。

今日はねー

朝、大事な打ち合わせをして

大学生マンツーマンレッスンや、将来海外で日本語教師を目指す若者クンのマンツーマンレッスンをしたあと

自分の研究室に行き、今週末の中間発表のディスカッションをしたり

そのあと、TOEICマンツーマンレッスンをして帰ってきたわけですが

ハート英語のレッスンをすると、疲れてても元気になるなー

ふふっ。医学の勉強をすると、睡眠時間足りてるはずなのに、いやに疲れるなー

それはきっと、新しいことを学ぶことってそれだけエネルギーが必要ということだよね。

疲れるけど、なんだかやる気あるし。

担当教官に

「先生、きょうも、かしこくなりました!」

と言ったら

「僕は、知識を放出して疲れました。」

と言われました。

えぇ、全くめげません。

「そうですか、すみません! 今週末の中間発表、がんばりまーす!」

と相変わらず、のうのうとしております。

それくらいがいいのです、学生は。

どーでもいい話だけども

医学研究室にて、独自の科学用語がある

「このフィグはどういう意味ですか?」

の「フィグ」とは、「figure」の略語で、「図、グラフ」のこと

「このアブストを読むと」

の「アブスト」とは、「abstract」の略語で、「要約」のこと

で、最近はやってる研究室ワード

「このデータ、おぼってませんから。」

の「おぼる」とは、「データ捏造してませんから」ということらしく

とっても残念な化学捏造データが、日本科学界に衝撃を与えている最中に、少なからずダメージを受けている日本の医学研究者としても、そうやって気を紛らすという。

実際、この事件で、日本の科学の信用はがたおちらしい。

何のことか、わからない方はこちら。

STAP細胞とは http://www.j-cast.com/2014/03/11198939.html

現在の疑惑について http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1100G_R10C14A3MM0000/

医学の知識が薄い私には、何が真相なのかまだよくわからない。

ただ、かのSTAP細胞の発表があった次の日から、うちの研究室では

「あれが本当だったらすごいぜ。」

と先生方が言っていたことはとても記憶に残っており、逆にあたしは

「え?本当じゃないことがあるわけ??」

と思っていたけれども

やっぱり、専門家にしかわからないことって、あるんのかな、と今思っているところ。

さて。

明日は、小学校出張レッスン、準備はおそらく万端!

いってきます。

おやすみなさい。。。

英会話のJEC代表 中島Jean優
http://jec.jellybean.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です