アメリカ英語とカナダ英語


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話レッスンは、ついさっきの中級会話レッスンで生徒さんが言ってた、おもしろいこと。

カナダで、「トイレ」のことなんて言うでしょーか。

wash room と言います。

うちの生徒さんの多くはカナダ行ってるので、そういう方は知ってますね。

で、生徒さんを訪ねて、そのまた生徒さんがカナダに遊びに行き、「wash room」を覚え、

「この前ハワイでさっそく使ったら、通じませんでした・・」

って、そうなんだよ、これは珍しくカナダ英語です。

アメリカでは「bathroom」ですね。

はいはい、さてさて。

今日、チア帰りに、おされなショッピングモールを歩いているときに、

日本のおねーさんたちのきれいぶりに、ちょっとびびり

自分はというと

完全スポーツマン、いやスポーツウーマン姿で

真っ赤なパンツは3年ほど前のものだし

アンダーはユニクロのヒートテックだし

ま、きれいなおねーさんもかなりの確率でユニクロのアイテムをどこかに来ていることはあるだろうけれども

コートが今年のものだっただけで、自分の心の中で、

「セーフ」

と思ったが、いやぁね、反省しました。

ほんと、日本の若いおねーさんたちはきれいにしてるね。

見習いたい。

大学だからって、どーでもいい恰好で行くべきではない。

マニキュアをとるのがめんどくさいなら、初めから塗るな。

睡眠不足なら、早く寝ろ。

です。自分。

今日はね、来月にある研究中間発表の練習第一弾。

昨日もまぁまぁやったし、今朝もちょっとやったし、自分なりに、ま、85%-90%くらいはできるつもりで行ったんだけどさ。

まずは、第一声

Jean「PACAPと記憶という表題で発表したいと思います。まず、PACAPとは神経伝達物質でありまして。」

担当教官「はい、ストップ。神経伝達物質って、なんですか?」

ま、また、そんな、簡単そうで、難しい質問を・・

Jean「えーー、それはですね、神経に伝達をする物質です。」

担当教官「そのままじゃないですか。」

Jean「だって、そうですもの。」

と、教官が自分より若いということで、ちょっと強気です。

だってさ、あたし生徒ですもの。
授業料払ってる生徒ですもの。

仕事だったら、いろんな言い訳しませんが、勉強なので、できる範囲でやるものなのです。
なので、無理はしません。

というスタンスで、やっております。

仕事に生かすために研究してるのに、そのために仕事をおろそかにするわけにはいかんだろ。

ま、とにもかくにも、私が全力でやっても、医学の知識が1年足らずでつくわけもないけどね。

3時間も先生と練習して

「はい、それ、違う」

とか

「もっとわかりやすく」

とか

「ここは、もっと勉強してきてください」

とか

いろいろとダメ出しされることにも、完全想定内だし

「先生、でも、これでも結構がんばったでしょ?」

と、のうのうとしております。

これくらいのスタンスだと、楽しくやれる。

でね、今日、ちょっとだけ、なんだか脳の神経のことや、学習記憶のことなどの、研究発表の全体像が見えたなー。

今更ですけどね。

んなもんだよ、社会人医学生なんて。
と、開き直って、発表、がんばります。

質問が来ると答えられない可能性60%なので、

「ま、余談ですが」

と言って、何か面白い話でもして、時間を引っ張る作戦です。

こんな実験装置を使って、マウスの学習記憶の実験をしております。
みなさんの学習記憶に役立てる日が来るのは、いつの日なのでしょうか。。。。

ほんのちょっとだけだけど、面白くなってきた。
脳の勉強。
記憶の勉強。

でも、今日は寝不足なので、もう寝る。
おやすみなさい。。。

英会話のJEC代表 中島Jean優

http://jec.jellybean.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です