My best summer memory–FUJI


おばんです。
Jeanです。

本日のあなたへの初級英会話レッスンはこちら。

混んだレストランで、こういわれた。

「Would you like a smoking seat or non smoking?」

もうおなかがぺこぺこなので、こう言いたい。

「どっちでもいいです。」

英語でなんていう?

「It doesn’t matter.」

matter: 問題になる

よく使うフレーズです。

はいはい、さてさて。

世間は秋。
ですが、受験生にとっては、そろそろラストスパートの季節。

志望校もそろそろ本決めしないといけないし、あせってくる時期でもある。

そんなときにうちに入ってきた、高校3年生。
受験生をみるときは、欲を言えば、少なくとも一年は欲しいなぁと思いますが、まぁ、残された時間で、やれることをやるだけ。

しかし、能力の高い子を教えるって、楽しいね。

私は、基本的に、落ちこぼれ組に教えるのを好いているのだが、できる子に教えるって、さくさくやってくれるし、単語もいっぱい知ってるし、進むのが早い早い。

今まで、ちゃんと勉強してきてる証拠だね。
さすがです!

さてさて。

夕方は、キッズチアレッスン。

新学期が始まり、小学生女子たちは、週に一度しか会わない私に、ものすごい勢いで、つばを飛ばしながら、夏休みの思い出を話してくれる。

キッズA「あたし、東京行ったー」
Jean「おぉ、いいねぇ。なにしたの?」

キッズB「あたし、韓国行って、チマチョゴリ買ってもらったー。 アンニョンハシムニカ。」
Jean「わお!この子は韓国語はなせるようになってるよ。」

キッズC「あたし、たいしたとこぜんぜん行ってない。 指宿だよー」
Jean「いーじゃないか、指宿で。 いいとこだよ。」

と、関心したり、フォローしたりしながら、うんうん、と聞く。

相変わらずぜんぜん言うこと聞かない子もいるし、話しかけてもクールに微笑むだけの子もいるし、20人の小学生女子たちと、一週間に一度という、いい具合の頻度で、仲良くやってます。

これが、毎日朝から晩までだと、お互い、「きーーーー」となることはわかっているが。

今日も載せる写真が、ないから、自分の一番の夏休みの思い出を載せよう。
うん、FUJIって描いてるつもり。

Jが「し」になってるし。

おやすみなさい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です