素敵な海外話~トロント編~


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの初級英会話レッスン。
実際のレッスンで、質問があったこんな問題。

まずは、基本問題。

「plumber」

って、どんな意味?

「配管工」

と辞書には載っている。

Jean「This is 「水道屋さん」 in easy Japanese.」

そこで、生徒さんからの質問。
「Can I use plumber for an air-conditioner or a gas pipe?」
(エアコンやガスのパイプに対しても、plumber(配管工) って使えますか?)

さすが、ガス関係のお仕事をされている方だけに、気になったんでしょう。
私は、水関係のイメージが強いけど、とりあえず、宿題にさせてもらって、調べてみた。

やっぱり、plumber は、台所やトイレ、お風呂場などの水周りの修理をする人で、辞書に載っている「配管工」よりも、「水道やさん」のほうが日本語には近いね。

ちなみに、エアコンをつけてくれるのは「air-conditioner technician」
ガス関係のパイプを取り扱うのは、「gas technician」

だろう、と、Ryanとの話し合いの結果の結論。

日本語と英語って、ぴったり合致しないことなんて、いくらでもあるね。

っと、さてさて。

先日、トロントから帰国する直前のうちの生徒さんから、素敵な近況報告をいただいたので、一部ご紹介~

トロントは日中と夜の温度差が10度以上有る日が多くなり、帰りが遅くなる日は、寒くて風邪をひきそうです。だからジャンパーを買いました。

7月第3・4週の週末にwoodbineで Jazz festival が有り、友人と出かけましたが、8pmからのステージはカイロを持って出かけた位寒かったです。帰国まで1カ月を切ったので、オンタリオ州のGo transitを乗ってみようと思っています。

まだまだ一人前では有りませんが、少しづつ長く会話が出来るようになり、話をする楽しさを感じているこの頃です。
でも単語不足が有るので、電子辞書は片時も離せないですが、それでも持ち前のずうずうしさを発揮し、恥をかきながら発言しています。

子供や孫のような年齢の人達に囲まれ、多くの国の人達に助けられながら、楽しんでいます。Jeanのおかげで、この楽しさを手に入れる事が出来、とても感謝しています。

先日友人に誘われ、日本でも以前参加していたトーストマスターの例会に参加させて頂き、最後に1分間程でしたが、”日本での私の先生” という題で貴方や仲間の事を話させて頂きました。
皆がとても良い先生や仲間に恵まれ、うらやましいとほめて頂き、とても嬉しかったです。有難うございました。そして又面倒を見て下さい。よろしくお願い致します。

Have a nice sleep and good night.

うちの生徒さんの中でも、60代という年齢で、いつまでも生き生きと、いつまでも精一杯人生を楽しんでいらっしゃる方です。

もう今度でトロントへの中期留学は3回目。
私より、ずっとトロントに熟知していらっしゃる。

私もそんな素敵な60代になれるよう、今を一生懸命に生きよう。

本日も載せる写真がないので、昔の写真をひっぱりだして、2008年、トロントのストリートにて。
(きゃ!この靴、いまだにはいてる!)

おやすみなさい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です