うれしい便り


おばんです。
Jeanです。

さて、今夜のあなたへの英会話レッスンは、初級レベルのこちら。

She is a medical student.

彼女は、何を勉強してる人?

答え
「彼女は医学部生です。」

medical  で、「医学の」 という意味でした!

はいはい
さてさて。

最近、夜こうやって、一人で盛り上がり、ブログを書いている弊害は、朝ぎりぎしか起きられないということで、朝食は、夜のうちに準備している。
野菜いっぱい肉そぼろ

肉と野菜&キノコの量は同量とすべきという黄金ルールを忠実に。

大好きなJapanese pickles(いわゆる漬物)
次回、海外に長期滞在することになったら、浅漬けの素をもっていこう。

はいはい
さてさて。

先日、10年ほど前の教え子ちゃんからとっても久しぶりにメールもらい、了承いただいたので、ご紹介します。

ゆう先生、お久しぶりです。私も、先生に英語を教えていただいたおかげで今がある人間の一人です。本当に感謝しています。
今も、先生がYouとIという名前の姉妹だと授業中に言っていたのを思い出すことがあります。

私は現在、オーストラリアのニューキャッスルというところで、医学の勉強をしています。
いまだに学生です…親には本当に頭が上がりません…紆余曲折して、気づいてみたら南半球まで来ていました。人生何があるか分からないものです。

来週、両親が初めてニューキャッスルにやって来ます。楽しみです。
どんなカルチャーショックを受けて帰るのだろう…日本人にはほとんど遭遇することもあり ませんし、シドニーや鹿児島に比べれば田舎です。
でも、海はきれいですし、昨年、Lonely Planetで世界の訪れてみたい町の10位に輝きました!!!(どうでもいいことですが、他に自慢できるものもない田舎ですから…)

私 が通っているのは、ニューキャッスル大学という公立の大学です。
いろいろなところから、留学生が来ています。中国系(マレーシア、シンガポール)の留学生 は、どこも基本的に多いのですが、この学校にはアフリカと中東からの留学生が、シドニーでは見かけないほど多いです。ちなみに私の仲良しはザンビア出身 と、インド系ボツアナ出身の二人です。留学生と現地の学生の割合は大学、学部にもよりけりですが、私の学部は現地:海外(8:2)ほどです。

この大学は、 田舎だからか?それとも他の大学より多少入りやすいからか?現地学生が多いです。私の知り合いはシドニー大学でCommerceの勉強をしていますが、 80%が中国人(留学生を含む)だと言っていました。ですから、英語を学びたい人や、できるだけ母国語をシャットアウトして英語付けになりたい人には良い 環境だと思います。
ちなみにニューキャッスルがTOP10に輝いた理由は私も良く分かりません。でも、サーフィンの隠れメッカだし、ワインで有名なハン ターバレーまで近いからでしょうか。

私は、情報も何もないなか、色々な人にたまたま運よく出会ってここにいたりました。実際、留学斡旋会社はあまり役に立たず、最初のVISA申請のみお世話になりました。やればなんとかなるものです。(ただし、家族のサポートあってのことですが…)

それでは、このへんで。また、いつかお会いできたらいいなと思います。

思い返せば、中学生だった彼女は、とても落ち着いていて、頭が良くて、英語も他の教科も、よく勉強していた。

とてもいい子で、控えめで、いつもにこにこしていたイメージ。

あんな中学生、先生からすると、理想です。

医学部ってことは、結構長くオーストラリアにいるでしょ、きっと。

さぁ、次は、オーストラリアに教え子ちゃんに会いに行く計画を立てよう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です