結婚


本日、午前中の出張レッスン、超~急いで10分で教室に帰り、マンツーマンレッスンの後、

昨日の晩御飯の残りの親子丼をランチに食べ、

またマンツーマンレッスンの後、

先日もらったスイーツを食べながら、デスクワークをし

そのバウムクーヘンが、

やけにしっとりとして
やけに甘くって
やけにミルクティーと合って、

ほっこり

さて、本日の出張レッスンにて。

「marry」(~と結婚する)という単語について。

この単語は、日本人にとって、よくわかりにくい単語である。

そういえば、先週の企業レッスンにて、唯一の独身男性だった方が、

「元旦に結婚しました。」

ということで、

「あーあ、また独身男が一人減ったかー」

と、なぜか残念な気持ちになる私。

それを英語でなんという?

「I married on the new year’s day.」

といいたくなるのだが、実はこれ間違い。

「marry」という単語は、他動詞(目的語が必要な動詞)で、誰と結婚するか、という、目的語が必要。

「marry」はこんな風に使う。
ぜひ、機会があったら、使ってください。

「Will you marry me?」
(ボクと結婚してくれませんか?」

じゃぁ、単に結婚したっていいたいときは、どういうかというと、「get married」(結婚する)という表現を使う。

元旦に結婚しました。
「I got married on the new year’s day.」

と言うと、いいのです。

と、こんな話をしていたら、

50代の生徒さん

「ん~複雑ねぇ。ま、もうプロポーズされることないから、あんまり気にしないでおくわ。」

うん、そのくらいの、ざっくりした気持ちのほうが、英会話の学習は続きます。

でも、機会がある方は
使ってね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です