サンタになるために生まれたうちの先生。


おばんです。
Jeanです。

久しぶりにちょっと夜更かし。

今日のあなたへの英会話はこちら。

先日、インターナショナル幼稚園にレッスンに行ったときの、6歳男子との会話

Jean「What do you want for Christmas?」

6歳男児「I want to have an elf.」

Jean「Wow! That’s a brilliant idea!!」

6歳の男の子、クリスマスに何が欲しいって??

6歳男児「I want to have an elf.」

「小人が欲しい!」

だってさ。
小人がいたら、毎日プレゼントもらえるらしい。

elf(小人)って、サンタのプレゼントの準備を手伝ってるんだったっけか??

頭がいいのか、それとも??という感じだが、どっちにしてもかわいかった。

今年最後の幼稚園でのレッスン。

5歳女児「Jean, this is for you!」

って、クリスマスプレゼントということで、絵をもらったり。

「Have a merry Christmas!!」

と言い合い、今年のレッスンも終了。

来年度もレッスン続けることも決まっているし、こんな英語ぺっらぺらな鹿児島のお子ちゃまたちと、またかかわっていけるってうれしいです。

週末ということで、ちょっくらおいしいものを食べに行った。

では、英語の問題。
レベル1
これ、英語でなに?

はい、これはraw oyster(生牡蠣)ですね。

では、レベル2
これは、英語でなんていう?

これは、英語でsea urchin (うに)といいます。
うにって、アメリカやカナダではあまり食べられないので、あまりこの単語自体が浸透していませんが。

ダンスの教え子ちゃんのお店で、たまにおいしいものを食べています。

しかし、せっかく痩せたのに、ちょっとリバウンド気味。
いかん、美食家は病気になるっていうしね。
こんなご馳走は、月に一度でよいのです。

さて、JECのレッスンでは、12月ということで、以前も紹介したが、Advent Calendar という、12月限定のクリスマスをわくわくしながら待つというカレンダーを、毎週限定7人の子たちが開けられるというイベントを今日もやっております。

明日は、子どものクリスマスパーティ。
リアルサンタがやってくるよ。

だって、うちの子供担当のNZ出身のStephenが言ってたもん。

「I was born to be Santa.」

うん、絶対似合う。
ばれないかも。

おやすみなさい。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です