東大生の英語力


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話レッスンは、ついさっきテレビで見た英語レッスンより。

そのテレビ番組では、最高難度のレベル10で、現役東大生が答えられなかった問題。

「Have it your way.」

1 お世話になります。

2 勝手にしろ。

どっちの意味が正しいでしょうか。

「Have it your way.」

勝手にしろ。

って、東大生が答えられなかったのが、日本で英語教育に携わっている者にとっては、とっても残念。

だってさ。

直訳「自分の方法で、それをしなさい。」

でしょ?

そしたら、2択なら、答えられると思うんだけどなぁ。
今まで、生きた英語に触れてないんだろうなぁ。

東大に通るくらいの優秀な子に、生きた英語を教えられる日本の英語教育はいつになったら来るんだろうか。

はいはい、さてさて。

世間は、long weekendでしたね。

私も、大分ゆっくりしました。

土曜日の教室での出来事。

お昼ごはんを食べる時間がなく、16時にとりあえず担当のレッスンが終わり、

「おなかすいた。。」

ということで、近所のから揚げ屋さんで、から揚げ弁当を買って帰る最中、

「やばい、ほかの教室ではレッスン中だし、絶対から揚げ食べてるのばれるな。」

と思い、ちょっと余分にから揚げを買い、自習室でこっそり、から揚げ食べたら

Taka先生の英検5級クラスを受けている小学4年生男児

「ん?なんかから揚げのにおいがしない?」

えぇ、5分でばれました。
余分にから揚げ買ってきといてよかった。

「いや、だって、あたしお昼食べてないんだよ?」

とかいう言い訳は、小学生にはまったく通じないのは、わかってます。

「まじめにちゃんとレッスン受けてきた子だけ、から揚げあげるよ。」
と、から揚げの威力を使って、英語レッスンをまじめに受けさせています。

ほいでほいで。

その前日の金曜日の夜は、大人のHalloween Party。

毎年参加している、400人ほどが集まる、おそらく鹿児島で一番人が集まる、インターナショナルHalloween Party。

JECの大人のみなさんも、仮装して参加。

ここに本文を記入してください。
えーと、左から
Captain Hook
Jack-o-lantern
Tinkerbell
skunk
white tiger
Chinese woman
Classic European woman

ですね。
ちなみに一人男性が混じっています。
普段はイケメン日本男子です。
もうすぐカナダ長期生活に入るので、その前に欧米的なパーティ経験ができてよかったかな。

パーティは、相変わらず、crazy な感じで。
skeletonに銃で撃たれる。white tiger と、それをうれしそうに見ているskunkの図。

子どもたちも来てた。 Monkeyがリアル過ぎな気もします。

日本人なのか外国人なのかわからないからさ、この左のなんかこわい人に

「What are you??」

と言ったら、

「いや、日本人だから、日本語で言って。」

と言われました。

で、右のゴリラの人は、完全外国人でしたね。

アメリカの昔のアニメ、フリントストーン。

本物はこれね。  あーーーね。

左から
Skunk
Little Red Riding Hood (直訳:ずきんをかぶった小さい赤い子=赤ずきんちゃん)
そして、うちのアメリカ人講師のRyan

白塗り対決1

白塗り対決2

なんか怖い韓国人男子たちと。

白塗り対決、負けました。

遅ればせながら、

Happy Halloween!!

大人になっても、遊び心を忘れずに・・・

おやすみなさい。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です