Stop bullying.


おばんです。
Jeanです。

今日のあなたへの英語レッスンはこちら。

Sticks and stones might break your bones
But bullying can be fatal.

Help stop bullying.

さて、この絵を見ながら、これを読んで、この中のkey word 「bulling」 って想像すると、どんな意味でしょうか。

Sticks and stones might break your bones
「棒や石で、あなたの骨は折れるかもしれない。」

But bullying can be fatal.
「しかし、いじめは、あなたを死に至らしめることができる。」

Help stop bullying.
「いじめをなくそう。」

ということで、

今日の一番のキーワードは

「bullying」 = 「いじめ」

でした。

最近よく見る単語。知らなかった方は、ぜひ覚えておくといいです。

さてさて。

今日は、イギリス・フランス帰りの生徒さんに、またかわいいsuvenir(お土産)もらった。

いやーね、ヨーロッパのものってさぁ、どうしてこんなに、いちいちかわいいのかしら。

そこで、もうひとつ、英語のクイズ。

これに答えられる人は、かなり生きた英語を使いこなせる人です。

この写真の右にうつっているものを英語でなんと言うでしょーか!

ヒント: スティックのりではありません。 冬に必須の女子アイテムです。 たまーに男子も使います。決しておじさんは使いません。それっ、英語でなんという??

「lip cream」

と思ったでしょ?

これって、カタカタ英語なんですね。
だって、クリームじゃないもんね。これ。

ということで、英語では

「chap stick」

と言います。

chap : (皮膚の)荒れ,ひび,あかぎれ

に使う、stick ね。

ちなみに、chopsticks は 「お箸」ですけど、よーく見るとスペリング違いますので。

どこまでも広がっていくので、ここらでやめておきましょう。

フランス帰りの生徒さん、パリで、私のフランス人の知り合いにも会えたようで、お食事におうちに招待されたり、いろいろと現地情報をもらえたようで、よかったよかった。

いいなぁ、私も行きたいわ。パリ。行ったことない。

パリのその知り合いのおうちに招待されたのは、うちの生徒さん3人。
でも、私はその夫婦に会ったのは日本しかないわけで、そのパリの素敵なおうち行ったことないし~。

ぜひ、私も来年、行きたいと思っております。
JECのみなさん、ぜひ一緒に行きましょう!

はー、世界各国、行きたいところは限りなくあるねぇ。

旅って、現地に知ってる人がいると、その旅が3倍は楽しくなるよね。

だから、私、鹿児島に旅行している人には、極力いろいろするよ。

そしたら、自分がどっか行ったときに、またいろいろしてもらえると思うしね!

今月は、もうすぐ台湾。

私が子どものころに、うちにホームステイをした、ものすごく昔の知り合いを訪ねる旅。

楽しみです。

大好きです、台湾。
台湾の人も、台湾の食べ物も大好きです。

わたくし、こういう類の食べ物が、世界で一番好き。

そして、痛いに決まってるけど、やっぱりこういうことがしたい。

はぁ~、楽しみkyu

おやすみなさい。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です