Taiwan Trip 1


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話はこちら。

これがわかったら、かなりの英語通です。

日本でもおなじみ、中華料理屋さんにある、この回るテーブル、英語でなんというか知ってますか?

「Lazy Susan」

って言うんだって。

今日、アメリカ人のRyanと話しているときに、教えてもらった、初めて知ったこと。

「What?? That’s such a strange name. Why did you name it?」

と聞いたら、

Ryan「多分、中国語の発音で一番近いのがこれだったからこんな名前をつけたんだったと思うんだけど。。」

とネットで調べてくれたけど、結局理由はよくわからなかった。

Ryan「How do you say it in Japanese?」

と聞かれて、

えーっと、えーーーっと。。。

「Turn Table!?」

というと、

「それは、DJが回すやつだろ。」

と言われた。

そうだよね、難しいね、言葉って。

ということで、前置きが長くなりましたが、この中華料理屋さんの回るテーブルは、英語で、「Lazy Susan」(怠け者のスーザン)といいます。
理由は不明です。

絶対に知っておきたい単語は、「lazy」=「怠けた」 です。

はいはい、さてさて。

先週は、家族で台湾に行ってきた。

半年ほど前から計画し、やっと実行できたな。

うちの生徒さんが滞在しているということで「遊びにおいで」と誘ってもらったこと、私が住む鹿児島から直行便ができたこと、25年前にうちの家族がホストファミリーとして出会った「さいさん」という知り合いがいたこと、いろんなことが重なり、私、娘、両親、妹家族全員 = うちのダンナ以外の家族全員 (あまりそこらへんはつっこまないでください) で、台湾Trip!!

午前10時ごろのフライトで、昼過ぎには台湾の首都の台北に到着。

30分ほどフライトが遅れてしまい、計画していた台北の観光を断念。

東京から飛んできた妹家族と、台北の新幹線乗り場での待ち合わせは、なんとか成功。

台北から、さいさんの住む高雄まで、bullet train(新幹線)で1時間半。

妹がpregnant なので、priority seat = 博愛座 = 「優先席」を取らせていただきました。

そして、駅まで迎えに来てくれたさいさんと25年ぶりに再会。
写真を送ってもらったので、すぐわかった。

そして、計画してくれていたシーフードレストランに連れて行ってくれた。

いやぁ、このディナーは、きっと生涯覚えているだろうと思われるほどの、豪華さ。

Loooots of fresh shrimp!!

Wow, gorgeous sashimi with gorgeous display!

Chinese pot with fish balls (fish ball = つみれ)

Abalone with garlic on top

Very unique idea, fried crab with curry sauce and bread
これが、ありえない組み合わせと思いきや、うまかった!
ここに本文を記入してください。

おなか満タンで、さいさんの家へと帰宅。

さいさんの家は、5階建てのビルで、なんだか、またうちに来てくださいね、といいにくいほどの、すんごい広いおうちだった。

夜遅くまで、お茶を飲みながら・・・

おやすみなさい。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です