ぼんやり記憶を、長期記憶にするために。


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンはこちら。

I’m scared.

I’m scaring.

2つの文章の違いはなに??

I’m scared.
「こわい

I’m scaring.
「私はこわい人なんです。

意味はまったく違いますので、ご注意。

はいはい、さてさて。

今日は、ほんとに疲れた。

研究者として、第半歩を踏み出したイメージ。

これから研究する、学習記憶に関しての論文の読み合わせ。

しかも、先生とマンツーマン。

「アストロサイトってなんですか?」

「ここのパラグラフの要点を言ってください。」

「ここの部分の名称はなんですか?」

自分なりにがんばって勉強していったけれど、答えられたのは30%くらいかなぁ。

しかも、いつもぼんやりな記憶しかないので、

「えーと、それはですね、えー、ニューロンの周りにある膠細胞で、働きとしてはですねぇ、えーーーーーと、ニューロンのサポート的な役割をしているかな、という感じだと思うんですけども。」

と、ぼんやりと答えている。

先生「この部位の名称は?」

Jean「えーーーと、確かAから始まっていたような・・ Asicsじゃなくて、えーーと。」

先生「axonね。」

Jean「それです。」

記憶がぼんやりすぎです。

英語で難しいでしょう、と一般的に思われますが、日本語にすると「axon」 って、「軸索」だよ。

「軸索」よりは、「axon」のほうが覚えられる。

という感じはしております。

大体、日本語って、漢字が難しいし。

「myelin sheath」 は、「髄鞘」 だぞ。 なんて読むのかよくわからんし。

英語のほうが、名称は簡単。

という気がしております。

しかし、ほんとに、自分自身の記憶の構築に役立つかもよ、この研究。

先生とマンツーマンで3時間、すごく貴重で、すごく疲れる時間でした。

頭が飽和状態。

うちの生徒さんの真似して、ボイスレコーダーに録音した。

この会話を5回聞いたら、大分理解できるかもしれない。

私の場合は、このぼんやり記憶を、長期記憶にするためには、絶対的にイメージが必要。

字だけ読んでも、まったくだめ。
記憶どころか、理解すらできない。

ところが、上のように、わかりやすい絵で書いてくれてあると、大分記憶に残る。

だって、本物のニューロンってこんなんだからね

どの部位がどの名前って覚えるには、イメージしやすい、漫画チックな絵のほうがいい。

少なくとも、元文系の私には、記憶にはイメージが必要です。

そういえばね、今日の講義は、顕微鏡実習。

楽しかった!

顕微鏡で、がん細胞を見て、いろいろと勉強するのですが。

最後に、異型化されたがん細胞のスケッチする、という課題があり。

むむ、やっぱり、絵の練習しとけばよかった。

でも、とても実践的で、みんなでああでもない、こうでもない、と話しながら、楽しい医学の時間!

明日は栄養学実習。

がむばります。

おやすみなさい・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です