新しく学んだときにするべきことは。


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話レッスン。

「手が震えてたよ。」

英語でどーぞ。

「My hands were shaking.」

shake : 震える

ですね。

っと。

今日はね、いつもの大好きな生徒さんちでレッスンが始まり、おいしいメロンをいただいたり、

高校のときからうちで英語をやってくれている、いつもはスカイプでレッスンをしている、帰省中の大学生に、久しぶりに実際に会ってレッスンをしたり、

教室のお引越しの話が、いよいよ現実的になってきたり。

で、また医学部の話なんですが。

3週間ほど前にあった「栄養学実習」。

簡単に言うと、

「食事を抜くと、どのように体の中の変化があるか。」

という実験で、一般的にも興味深いし、おもしろそうでしょ。

一億円するという機械を使って、分析もしたし、

「おーーー、すごーーーーい!!」

とのんきに感動していた。

ある日の実験風景。

写真では伝わりませんが、実験初心者の私は、手がぷるぷると震えています。

でね、たまたま次の週が夏休みだった。

いっぱい遊んだ。

楽しかった。

もちろんだが、実験の記憶が薄れていった。

で、今週末、レポートの締め切り。

あーあ、アミノ酸の基礎から勉強しないといけなくて、あいかわらずものすごい勉強しないと作れないレポート。

実験のときのことも、教授の言ったことも、半分も覚えていない・・・

今回の反省。

何かを新しく学んだときは、なるべく一週間くらいしてから、復習をするべき。

科学的にもっと能率的な復習スケジュールは、

まず一週間後に一回目

次にこの復習から2週間後に2回目

そして最後に、2回の目の復習から一ヶ月後に3回目

とすると、脳はその情報を必要な記憶と判断してくれます。

はい、次はそうします。。

おやすみなさい・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です