お勧め絵本。


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話レッスンは、こちら。

「理解不能です。」

英語でなんと表現する?

「It is beyond my understanding.」
(私の理解を超えています。)

という表現が、一番近いのではないでしょうか。

ついさっきの内分泌系の講義を受けた私の感想。

いやいや、ほんとに、難しいというレベルを超えている。
難しいというよりは、理解不能。
先生の話が理解できない。

話す言葉の中にすら、日本語の中に、英語とラテン語と化学式が混在し、きちんと聞いていても説明が50%も理解できない。

そして、出た、このせりふ。

「ゴナドトロピンはよく聞くとは思いますが、いわゆるLH+FSHですね」

いやいやいや、初めて聞いた。

いわゆる、の後のアルファベットを口で言われても聞き取れない。

先生のせいにするのも申し訳ないけど、もっと聞いてる側の立場になって教えようとしてくれないかなぁ。

まぁ、それが大学院の講義というものなんでしょうか。

そして、私はいつも、どうやったらレッスンを受けている人に、いかにして物事を伝えるかを、研究している。

はー、もうこうなったら、早く脳のことをやりたいなー。
7月から実験開始予定。

いつになったら、生徒さんたちにフィードバックできるようになるのだろうか。

えぇ、さてさて。

大学終わって、そのまま家に帰り、時間が早かったので、ムスメとなんだかんだしたりして。

Jean「時間あるから、本読んであげるよ。好きなのもっておいでよ。」

ムスメ「あたし学校から借りてきた本もう読んだから、ママが好きなのでいいよ。」

Jean「あ、そう? じゃぁ、あれがいいや。あのほら、『百万回死んだねこ』 」

ムスメ「わかった。」

ムスメ「ママー、タイトル間違ってたよー」

あ、ほんとだ。。

知ってますか?この絵本。
中学校勤務時代に、となりの学級の先生が道徳で使ってたことで知った本。

あれから早15年。

いつまでたっても好きだ。

いちいち最後にうるっとくる。

もし読んでいない人は、子どもにも中学生にも大人にも、すべての人にいい。

ぜひお勧めします。

おやすみなさい・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です