ベートーベンを聞きながら。


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの初級英会話レッスンは、午前中の会話レッスンでやったこちら。

She is very strict.

どんな意味?

「彼女はとても厳しい。」

ってね、いうのが出てきたのですが、

生徒ちゃん「What does “strict” mean?」

Jean「I will give you a hint. I am a strict teacher to young students.」

と言うと、

生徒ちゃん「厳しい?」

Jean「That’s right!」

ってさぁ、その生徒ちゃんには私の出来る限りの力を使ってやさしーくレッスンしてるつもりなのに、なぜ実は厳しいということがばれてしまっているのでしょうか。

以前、あんなにやさしーくやさしーくレッスンしているつもりの企業レッスンでも、

生徒さんA「女王様キャラだもんな。」

生徒さんB「Sですね~」

おっかしいなぁ、なぜにばれるんだろう。

そして、その後、もっと仲良くなると、

「ほんとはやさしい人だもんね」

といわれるようになるんです。
うそではありません。

えーーーと、自分でもよくわからなくなってきたけど、言いたいことは

結果的に、わたくしは strict ではありませんので。

さてさて。

先日、友人と話している間に、

「いい映画あるよ、見においでよ」

って、まるで大学生同士の会話になり

「パンもって行くわ」

と、二人で映画を見た。

いえ! お相手は女子です。
いえいえ! アラフォーのおばちゃんです、っていうとその友人に悪いな、えーと、アラフォー素敵大人の女です。

で、二人涙しながら映画を見た。

で、感動して泣いて、すっきりしたんだけどね、その中で、これまたアラフォーらしき素敵大人の女がピアノを弾くのね。
それがまた素敵でねぇ。
みんなが知ってるこの曲なんですが。

ベートーベン ピアノソナタ 第8番「悲愴」 第2楽章
http://www.youtube.com/watch?v=bE2Zok2eL1Q

で、映画終わった後、二人して

「ピアノ弾けるって素敵だね。」

という話になり。

早速楽譜さがしてみたら、いまや、インターネットで、無料で楽譜がプリントアウトできる時代なのですね。

今週末にでも練習してみよう。

その映画の中では、このピアノを弾く女の人にほのかに恋心をいだく60代くらいの男の人の話なんだけどさ、

上手に弾けるようになったら、どこで披露しようかしら。うふ。

実際に、ほんと、披露するところってピアノがある自宅しかないよね。

ムスメに「ママ、上手ー」と言ってもらえるだけで十分です。

えぇえぇ、今日はおいしいランチを食べに行き。
これで、鹿児島では800円です。
コスパが相変わらずすばらしい。
そしてとてもおいしい。

久々に鹿児島名物「白熊」を食べてね。

ねぇねぇ、知ってるよね?「白熊」って上から見ると熊に見えるようにトッピングしてあるって。
いつも「白熊」を食べようと誘ってくる母が、

「いや、これ偶然でしょう?」

と言い張っていたが、そうなんですってば。

では、素敵なベートーベンのピアノ曲を聞きつつ、おやすみなさい。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です