Confidential information = 私の機密事項


おばんです。

Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンはこちら。

どういうこと??

So much to do…

やらきゃいけないことがたくさんある。。。

So little desire to do it.

でもやりたくない。。。

というのが、自然な日本語かなぁ。

little : ほとんど~ない

desire : 願望

なので、直訳すると、

「それをやる願望がほとんどない。」

ですね。

アラフォーのみなさんは、昔、中森明菜が歌っていた「desire」という曲を知っていると思うので、

あれは「願望」という曲名です。

なんか、銀色のおかっぱみたいなウィッグかぶってたやつだよね。

なんでもいいの、単語を覚えられたら。

若いみなさんは

は??

と思うだろうから、20代のみなさんに、とってもおススメのこちらのサイト。

気付いた時にはもう遅い!20代でやらないと後悔する「15のコト」

http://tabi-labo.com/55827/13-things-regret/

自分の20代に、ドラムばっかり叩いてことを後悔しているわけではないけど、でも、ここの1番目に出てる、

「旅に出よう」

というのは、とても思うな。

でも、

「楽器を練習する」

という項目もあるから、まぁいっかぁ。。

ちなみに、

「語学を学ぶ」

というのもあり、今大人になってから語学をやっている人は、痛切に感じることですよね。

今日ね、自分に驚愕したことがあった!

夕方、コンタクトレンズを眼科に作りに行ったときのこと。

いつものように、視力を調べて

スタッフの方「いつものやつでいいですか。」

私「はい、いいです。」

スタッフ「では、新しいレンズをはめてください。」

私「はい。」

・・・・

私「あれ? わ!! レンズをはめた途端、見えなくなりました!!」

スタッフ「え?おかしいですねぇ。ちょっと先生に診てもらいましょう。」

…….

先生「レンズ、2つはめてますよ。」

私「えーー!すご! レンズって2つはめられるんですね!」

スーパーポジティブ~

いや、いや、違うんだ。

言い訳をしよう。

私は3ヶ月に一回ほど、いつもこの眼科でコンタクトを作っている。

そのたびに、視力の検査や、目の検査もしている。

めんどくさいが、

教室の近くだし、

古い病院でじいちゃん先生で、空いてるし、

15歳のころから目が悪くて、ずっとコンタクトだし、

ということでね。

で、いつもなら、

裸眼で視力を測ったあと、自分の視力の悪さにがっかりしつつ、新しいコンタクトをつける

といういつものprocedure(手順)があったわけよ。

だから、

「じゃぁ、新しいコンタクトをつけてください。」

と言われたときに、まさか、自分の古いコンタクトがはまっているということを予想してなかったんだよね。

見えてるのにね。

で、コンタクト2重事件が起こったという経緯。

さらに、言い訳をしておこう。

なぜに、こんなに、私がおこっちょこちょいで、忘れ物女王で、そして仕事ができるのか。

相変わらず、スーパーポジティブ~

それは、私の頭の中は、常に何かを考えているから。

そして、その80%は英語のことや、生徒さんのことであるから。

だから、音楽大好きなのに、あまり音楽を聞かないのは、音楽を聞くと何も考えられなくなり、その時間がもったいないと思うから。

Antoineと一緒に1時間のドライブをして企業レッスンに行ってたときに、

「君の車では音楽が聞こえないんだね。音楽好きじゃないのか?」

と聞かれたときに

「いや、音楽大好きだよ。でもなぜかあんまり聞かないなぁ。」

と答えた理由が、そこにある。

だから、

おっちょこちょいで、忘れんぼ女王であることを、自分で認めてあげよう。

という運動を、自分の中でこっそりしております。

「そんな自分を好きになる。」

って大事でしょ~

で、そんな自分を家族が認めてくれたら、もうそれでいいよね。

私と結婚したダンナは、

「こんなはずじゃなかった」

と思ってるかもしれないけどね。

遅いわ。

ははははーーー!!

彼は私の昔の生徒さんなので(confidential information)

私のレッスンを好きでいてくれたことは間違いないので、そこらへんの理解はあるのでね。

はいはい、さてさて。

今日の最後のレッスンは、毎週月曜日に私が担当している新しいクラス

Teachers’ Training Program

今日の1時間目は、

Jean担当「英語の評価法」

うちの教室で半年に一度行っている子どもコースの英語評価テストから、児童英検、英検1級まで。

2時間目は

Troy担当「子ども英会話レッスンのコツ」

略して、うちではTTP(Teachers’ training program)と呼んでおり

TPPじゃないよ。

Trans-Pacific Partnership=環太平洋戦略的経済連携協定 じゃないよ。

この日本語、全然覚えられないよ。

受けている方のことを、勝手にTTPちゃんと呼んでいますが、英語ティーチングに関するものすごい濃い3か月を過ごしていると思われる。

一週間に一度の摸擬レッスンもそろそろ終盤。

もうすぐ、実際の生徒さんにレッスンをする日が近づいている。

JECの生徒さん方も、英語の先生の卵ちゃんたちも、いつもがんばってるね。

おやすみなさい。。。

Jean * – * 22:01 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です