お嫁さん願望


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの初級英会話のレッスンはこちら。

「広い席のほうがいいのですが。」

英語でどーぞ!

「I prefer a spacious seat.」

spacious : 広い

space の 形容詞ですね。

はいはい、さてさて。

今宵、日曜の夜。

家族とのんびり日曜日は、

おせろをしたり(まだまだ小学2年生には負けんね。)

UNOをしたり(普通にやっても小学2年生に負けるね。ということは、あれはほぼ運による、ということだ。)

ランチに行ったり

パース帰りの私は、日本のランチのクオリティの高さと値段設定の低さに感激。

しょっちゅうムスメと行ってる、お友達の中華料理店、美華園。

日本の食べ物は、おいしすぎる。
ちょっと前に食べたお刺身も異常にうまく感じた。

チアの生徒さんのお店にて、ホタルイカの頭のところがうまい。
はい、大人です。

午後からは、お友達の出産祝いに、ひっさしぶりにお買い物に行き

ついでに自分のお仕事バッグを買ってみたりだとか

ここのブランド好きなんだけどさ。
http://www.world.co.jp/untitled/?bn_id=pmbr_4
洋服はいい値段するのに、バッグはなぜか安いのだ。

働く女性のみなさん、お仕事用にどーぞ。

夜は家族で外食したりだとか

世界中で大人気の「31」のアイスクリームを食べながら帰ったりだとか

帰りに温泉に寄ってみたりだとか

あーあ、いい週末。

と思いきや、

ムスメ「あ、宿題やってなかった・・」

と、のんびり日曜日のはずが、焦って漢字練習で締めとなってしまった。

さて、昨日は、たくさんの生徒さんが訪れる土曜日のJEC。

新学期ということもあり、毎週のように体験レッスンに来てくれる新しい方々もいて、うれしい限りです。

兄弟、姉妹で、レッスンを受けてくれてるお子ちゃまもいて、おにいちゃん、おねえちゃんのレッスンが終わるまで、待合室で待ってる小学生たちもいます。

待ち時間中、小学4年生女子との会話

Jean「新学期になったね。4年生になったんだ。早いなー」

4年生女子「そうだよー。」

Jean「新しい担任の先生どんな先生だった?」

4年生女子「それがね、イケメンだったのーーー

Jean「はは、よかったねーー。」

4年生女子「うん! お嫁さんになってあげたい!!」

Jean「あはは、まだ早いでしょー」

4年生女子「だよね・・ あ、オーストラリアでCraigに会った?」

Jean「うん、会ったよ、元気だったよ、ほら、写真、これ。」

4年生女子「ねぇ、Jeanさ、Craigのお嫁さんになってあげたら?」

Jean「え? いやー、一応、私結婚してますし~。 まぁCraigのことを男として意識したことはないんだよね。」

って、そんな大人なリアルな応答いらないよね。

4年生女子「じゃぁ、あたしがお嫁さんになってあげようかな!」

って、ついさっき、担任の先生のお嫁さんになってあげると言ってたくせに~!

相変わらず、お子ちゃまたちは、おもろいです。

おやすみなさい・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です