Scorpion


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英会話はさっきの中級レッスンで出てきたこんな表現、英語でなんて言う?

「僕たち価値観が合うんです。」

「We have the same chemistry.」

chemistry : 「化学」 という意味のほかに、「人の体質」

という意味が実はありました。
これ、結構使う表現。

友人の、アメリカ人美人ちゃんのローレンと、ま、なんといいましょうか、普通の感じのアジア系アメリカ人のダンナさん(名前はあえてふせておこう)の二人も、このせりふを言っていた。

はいはい、さてさて。

毎週木曜日はキッズチアレッスンの日。

スコーピオンっていう技があって、毎週練習してるんだけどね、チアメン(チアメンのメンはメンバーのメン)的には「スコピ」って省略して呼んでいる。

Jean「はい、じゃぁ、スコピやってみよー。」

小学2年生女子「先生、スコピってどういう意味?」

Jean「あぁ、スコーピオンのこと。意味はね、ある生き物に似てるから、こう呼ぶんだ。なんでしょーか!」

と、相変わらずクイズ好きなわたくし。

ちなみに、scorpion って、こんなやつ。

キッズ1「え?ぜんぜんわかんない。」

Jean「じゃぁね、赤くて、毒をもってるやつ」

すかさず

キッズ2「おに!」

さすが小学一年生、あいかわらず素でおもろい。

Jean「さそりだよー。ちょっと難しかったか。」

と言うと

キッズ4「あ、あたしさそり座!」

キッズ5「あたしもあたしも!!」

と、チア用語で盛り上がり、楽しかった、本日のキッズチアレッスン。

えぇえぇ、さてさて。

今月は、企業レッスンがお休みということで、大学の講義もまだ始まっておらず、案外ゆるいスケジュール。

お茶に行ってみたり

女子会に行ってみたり

いつまでも自分のことを女子と呼ぶのはやめましょう。

いつも仕事が終わるのが21時の私。
18時とかに仕事終わると、すごい時間あるのね。

料理もできた。
娘と宿題もできた。
飲みたかった人と飲みにも行けた。

よかった、よかった。

さて、4月ですね。

3月にJECを旅立った方々から、新生活のご報告をいただいたり。

高校男子だった彼も、卒業と同時に茶髪になり、福岡の大学生になり。

「先生、自動詞と他動詞の見分け方ってあるんですか?」

ってメールくれるなんて、大学生になっても、英語ちゃんとがんばってるじゃーん。えらいぞ!

ちなみに、私の返信

「残念ながら、ありません。出てくるたびに、覚えていくしかありません。 がんばーー!!」

です。

そして、カナダへの長期留学に旅立った子からも。

「ホストマザーが『マンマミーヤ』 と えらく連発するなと思ったら、イタリア系のカナダ人でした。」

だとか

「部屋がとても広い部屋で、ラッキーです

だとか

「語学学校のレベルチェックテスト受けたら、思ったより結果が良くて、中級~上級レベルクラスがある建物のほうの配置になりました!」

だとか。

むふふ、さすが私の教え子ちゃん!良かったねーー

いやね、ここで声を大にして言いたい。

留学を希望している方々へ。
日本でできることはしていったほうがいい。
留学先にできる友達は、自分と同レベル。(英語のレベルね)

自分が英語低レベルだと、クラスメートも低レベル。
なかなか会話が続かず、友達もなかなかできにくい。
さみしくなって、日本人とつるんで、はい、日本へ帰国~

と、ものすごくあるパターン。

自分がハイレベルのクラスにいると、クラスメートもハイレベル。
もちろん国によって、文法が強いだとか、リスニングが強いだとかあるけど、お互いに異国にいるんだもの、すぐ友達なんてできる。

新たなスタートの季節

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です