子どもの心をつかむプロフェッショナル


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの初級英会話レッスンは、こちら。

「ごめんなさい、あなたの名前がよく聞き取れなかったです。なんていいました?」

英語でどーぞ!

「Sorry, I didn’t get your name. What is it again?」

はい、決まり文句です。

はいはい、さてさて。

今日はねー、英語のレッスンから始まり、チアもやった、大学の勉強も少しやった、そして英語のレッスンで終了~

普段の生活の中で、必ず、チアのレッスンが週に2回、2時間ずつあるのだが、とくにキッズチアでは速い曲を選んじゃって、はぁはぁ言いながら、こどもたちとチアするのは、楽しいし、健康的。

4月ということで、英語でもチアでも、新しく入ってきてくれる方が多くてうれしいです。
ありがとうございます。

今日の子どもチア、体験レッスンに来た、とってもシャイな女の子。

満点の笑顔で

「上手にできなくてもいいよ、周りのお友達の真似をしてみてね

と言ったのに、ちょっとしたらお母さんのとなりで泣いていた。
恥ずかしいし、みんな上手だし、どうしようもない、って感じだね。

ストレッチのときも

「お母さんのとなりでいいから、一緒にやってみてもいーよー

と、すんごくやさしく、ていねいに言ってみるんだけど、まだ泣いてる

そこで、計画1 子どもには子どもで対応

Jean「ねぇねぇ Aちゃん、Aちゃん、ちょっと来て」

Aちゃん「なに?」

Jean「あの新しく来てる子、恥ずかしがり屋さんだから、ちょっと話しかけてあげてよ。同じ学年だって。」

Aちゃん「わかった。じゃぁ、いつものインタビューしてみるね。」

なんてあたしの心が即座に通じる小3なんだ。

で、みんなで声をかけてみる。

計画2 みんながまだやってない簡単なダンスをやってみる

発表会が近くて、踊りこみをしたいんだけど、計画変更・・
よし、じゃぁ、まだやってないふりが少し残ってるから、今日はそこをやってみよう。と思い。
そこがまたたまたま簡単なふりを作ってたから、ちょうどよかった。

小学校高学年クラスなんだけどさ、

Jean「ここは、みんなで円を作ってみて~」

小学3年女子「なんかたつまきって感じ?」

Jean「お、いいこと言ってくれたね!じゃぁ、これはたつまきって呼ぼう。 はーい、たつまき~くるくる~ スピードあげて走れ~!」

いつの間にか新しい子も参加。
たつまきは誰でもできるし。

Jean「おっしゃ、そこで、ジャンプいけ~~!」

新しいジャンプで、みんな上手にできないし、新しい子も目立たないし

最後まで恥ずかしがり屋さんだったけど、終わるころにはみんなでチアできたし、終わったあと、こっそりお母さんに

「楽しかった」

と言っていたらしい。

ふふふ、計画成功。

だって、チア楽しいもん。
恥ずかしがり屋さんでも、ぜんぜんできるんだ、チアってものは!
で、チームスポーツなので、特にそういうタイプの子にはプラスになると思う。

子どもの心をがっちりつかむプロフェッショナルになりたいなぁ・・

おやすみなさい・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です