小憎らしいお子ちゃまにも, 大人気. 英語でも日本語でもいける, 子どもの心をつかむ術.


おばんです.

日本の英語力を密かに応援する,
英語講師のJeanです.

今日のあなたへの英語レッスンは,
小学生から中学生までの, キッズクラスでやった算数のプリントで出てきた単語, やってみましょうか.

りらっくま的なくま1 正三角形

りらっくま的なくま2 ひし型

りらっくま的なくま3 長方形

りらっくま的なくま4 三角すい

りらっくま的なくま5 直角

小学3年生くらいのレベルの算数の問題で出てきたやつですが,
日本で普通に育った大人には, 意外と難しい!

りらっくま的なくま1 正三角形
0   regular triangle

りらっくま的なくま2 ひし型
0   diamond

りらっくま的なくま3 長方形
0   rectangle

りらっくま的なくま4 三角すい
0   cone

りらっくま的なくま5 直角
0   right angle

うちの小学生たちに, こんな算数の問題をチーム戦で競争させると,
辞書を片手に, お互い教え合いながら, すごくがんばる.

英語より, 算数が得意な子のほうが, 当然ながらできるので,
いつもは女子に英語で負ける男子が, 活躍したりする.

子どもコースでは, 英語を教えるのではなく,

「英語を使って, いろんなことを学ぶ」

ということを目標に, やってます.

先週から, 新しく私が担当することになった, もうひとつのキッズレッスン.

小学3年生と4年生の会話クラス.

小学生男子1「えーー, Jeanがやるのー? えー, いやだ, 俺, Steven が良かったー.」

と, なんにでも文句をつけたがる, 憎たらしいけど, でもかわいいそんなヤツ.

そんなヤツに, どれだけ「楽しかった!」と思ってもらえるか, そこに私たちは毎回のレッスンに賭けている.

私は知っていた, その彼が, 怖い話が好きだということを.
ハロウィンの怖い話のときは, 最後の最後で, 怖すぎて部屋を出て行ったんだけどね.

まぁ, 基本的に, 子どもって好きでしょ, 怖い話とか怖いキャラって.

だから, まず, レッスンの初めにやったやつは, こんなん.

「You will hear some sound of scary things. Tell me what they are.」
(これからこわいものの声が聞こえてくるから, それが何かを言ってね.)

で, 聴かせるわけよ, いろんなちょっと怖いサウンドを.

Ghost(お化け) とか, Wolf(狼) とか, Vampire(吸血鬼)とかね.

今は, 無料のアプリがたくさんあるので, レッスンの幅を簡単に広げられて, ほーーーんとにいい時代になりました.

たとえば, こんなんとかね.
来年のハロウィンでは, ぜひご利用ください.
https://itunes.apple.com/us/app/halloween-spooky-sound-box/id397618367?mt=8

小憎らしい男子たちも,

「One more time, please!」

と, 夢中になっていました.
おし, 成功手

子どもたちって,

かわいくて,
小憎らしくて,
すぐ文句言ってきて,
すぐ夢中になって,
単純で,
おばかで,
なんだかんだで, やっぱりかわいくて,

そして, 大人だったら, 子どもを大切にしたい気持ちって自然な感情で,

そんな感じがする.

いつかのハロウィン.

楽しかったけど, みんなが暴れまくって, もううちには呼ばないと誓ったあの日.

さてさて.

子どもコースのレッスンをやると, 面白くていくらでも笑えるネタがあるのだが,
私は, 基本的に大人コースを担当している.

最近, 海外へ出発する大人コースの生徒さんが多く,

先月は, イギリスに1人と, アメリカに1人, カナダに1人, 旅立ちました.
ドイツに行った高校生もいたなぁ.

そして, 来月はまた1人, カナダへ出発予定の子.

そして, 1月には, 高校の英語コースに通う, 高校生が2人, ニュージーランドに短期留学に旅立ちます.

生徒さんがどこかの世界に行く度に,

「あわよくば, 生徒さんがいる間にそこの国に行って, いろいろと案内してもらおう.」

と, こっそりと目論んでいる.

だって, 知ってる人がいる国に行くのって, 全然違うもんね, 知らない人だらけの国に行くのと.

そうやって, 旅立っていく生徒さんに, 私の勝手なる欲望をこっそりと託している.

外国に住んだことがある人と, ない人って, 違うよーーー
絶対的に, 違うよーーー

私は, 16歳でオーストラリアに3週間ほどホームステイしたけど,
今考えると, よくあんな英語力で行ったなぁと思うし,
案の定, 英語がぜんぜん通じなくて, 結構つらい思いをしたけど, でも,

「もっと英語ができるようになりたい」

と思ったのは確か.
16歳のころ, オーストラリアのホストファミリーと.
なんか, 被ってるサンバイザーが,ださいのが残念.

今の子供達はいいよね.
うちの高校生たちも, 英語で質問したら, 英語で普通に答えられるくらいになって, ホームステイに行くんだから.
そりゃぁ, 私よりは, ずっと楽しんで帰ってくるんでしょう.

先週スタートした, 新しいクラス.
英語力がすごく高いから, 今のとこ, マンツーマンでレッスン受けられて, ラッキー!

そんな子どもたちの成長が, 楽しみ!

そして, 教え子ちゃんたちを訪ねて, 世界を旅をする私..
ふふふ.

生徒さんのために, (そして自分のために) また明日もレッスンがんばりまーす!

おやすみなさい..

Jean
英会話のJEC
http://jec.jellybean.jp/index.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です