2017 子どもたちとオーストラリア日記7 え!?本当にオーストラリアの人たちはそんなものを食べるのか!?


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

本日、オーストラリアはケアンズ7日目。

 

では、今日の1日より、使った英語。

 

1  caution

 

2  pedestrian

 

3  bus fare

 

4  destination

 

5  roo meat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  caution  警告

 

2  pedestrian  歩行者

 

3  bus fare  バスの運賃

 

4  destination  行先

 

5  roo meat  カンガルーの肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5番は、カンガルーを食べる人しかわからないんじゃないかなぁ。

今日、スーパーで中2のRikuが食べてみたいと、買ってた。

明日のランチに自分で料理をする予定。

また明日報告いたします。

 

 

 

 

はいはい、さてさて。

 

今朝は、朝から英語のレッスン。

The difference between Japan and Australia

というお題で、スピーチをする、というタスク。

 

高校生から小学生まで、それぞれの英語力でなんとかスピーチをした。

 

みんながオーストラリアに来て、気づいたこと。

 

・家がでかい

・家にプールがある

・街にこうもりが住んでいる

・節水をしている

・節水のため、夜にトイレを流さない人がいる

・お風呂に入らず、シャワーだけ

・はだしで歩いている人がいる

・タトゥーをしている人が多い

・子どもでもピアスをしている子が多い

・カンガルー、わに、エミュを食べる人がいる(わにとエミュは本当なのか!?)

・ありを食べてビタミンCを取る人がいる(本当なのか??)

 

子どもたちの報告なので、半分くらい信じる程度でいいかと思います。

写真を見てみると、確かにこっちの子ははだしで遊んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ランチの後は、いつも家で私の筋トレに付き合わされている女子たち。

「Do you wanna join us?」とみんなを誘うんだけど、

小学生女子2人と中学男子には、「No, thank you.」といつも断れられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチを食べて、午後からは、「ホストファミリーに料理を作ろう」、ということで、バスに乗って街で買い物。

 

こちらは交通費が高い。バスで15分くらいで街に着くが、往復500円する上に、1時間に一本しかないという不便さ。

しかし!

今日バスに乗ったら、料金箱の調子が悪いということで、「金はいらん」とバスの運転手さんに言われて、片道ただになった。ラッキー!!

 

さて、それぞれのホストファミリーの家で、手巻き寿司を作ろうと思っているのだが、こちらのホストマザーに聞いたところ、オーストラリアでは生の魚は食べないほうがいいから、スモークサーモンを入れるといいと。

 

手巻き寿司にスモークサーモンなんて、日本じゃあまりないけど、でも美味しそうだね。

 

子どもたちは普段あまりお料理をしていないようだが、自分たちでがんばれるしかないから。

米さえうまく炊ければ、後は切って並べるだけだから、きっと大丈夫。

まぁ、うまくいかなくても、ホストファミリーに感謝の気持ちは伝わるだろう、ということで。

 

 

街を散策。小さい街なので、歩きやすい。

ドルでの買い物にもだいぶん慣れてきて、自分のお金で食材を買ったり、お土産を買ったりした。

 

 

夕方は、それぞれの家に帰る。

 

Tainに算数の問題を出され、真剣に考える数学好きのRiku。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜のうちのディナーは、カルボナーラ、ケバブ、パプリカのマリネ。

みんなで作り、みんなで後片付け。

とてもいい習慣だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの家族の次男のTain「This is the best dinner ever!」

とよく食べていた。

 

 

今日も無事に終了。

 

おやすみなさい。。。。

 

Jean

英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です