「コンタクトの液」って英語で言える? 続く人は少ないが、これできたら使える単語力が圧倒的に増える。自力英語勉強法。


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

今夜のあなたへの英語レッスンは、自力で英語力上げようという取り組み。

 

そこらへんにあるもの、英語で言ってみよう。

 

では、今私の目の前にあるもの5つやってみよう。

 

1 ノートパソコン

 

2 ヘアバンド

 

3 化粧水

 

4 充電器

 

5 コンタクト液

 

英語で知ってる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 ノートパソコン  laptop computer

(laptop だけでもOK。 lapは膝から上の足のこと)

 

2 ヘアバンド head band / hair band  (良かったー、そのままでも通じるやつ)

 

3 化粧水 toner / lotion

 

4 充電器  charger

 

5 コンタクト液  contact lens solution (solution: 私のTOEICレッスンでは「解決」と教えてますが、「液」という意味もある)

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とぱっと言えないの、たくさんあるよね。

 

こうやって、自分の目の前にあるものを5つ言えるかな?と、自分で自分に英語のレッスンをするのだ。

必ずと言っていいほど、わからないものがあるので、ちょいっと調べる。

そんな癖がつくと、すごい単語力増えるね。

 

この勉強法の一番いいこと。それは

 

「自分で学習する癖がつく」

 

これね。これに限るね。

こういうの、若いころからこういう癖がつくといいね。

 

自分だけでできない、という人は

 

お子ちゃまとおうちで、

または、飲み会のときに同僚と、

または、デート時に会話がもたないときなど、

誰かと一緒にやってみると意外と楽しい英語勉強法。

 

 

 

 

 

 

たいてい、

「へーー、知らなかったー」

ってやつ、いっぱいあるよ。

 

 

 

 

 

 

はいはい、さてさて。

 

最近、私がはまっているもの。

いや、嘘をついてはいけない。

 

はまっているもの、と言いたいもの。

それは、

 

Workout = 筋トレ

 

自力で続けるのは無理だとあっさり判断し、パーソナルトレーニングを開始した。

 

私は、英語の勉強は自力でできるが、筋トレは無理なのだ。

そもそもの知識が浅すぎる。

 

ということで。

うちの英会話プライベートレッスンと同じ料金のマンツーマン筋トレ開始。

50分5000円の、自分への投資。

 

たとえば、

正しいスクワット法

①なるべく膝を前に出さず

②なるべく尻を後ろに出すべし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムキムキパーソナルトレーナーとの会話

 

トレーナー「OK! スクワットラスト、10秒キーーーープーーーーー!」

 

私「うー。。。」 膝、プルプルがくがく

 

トレーナー「いい感じぃーーー! 最後、さーーん、にぃーーー、いーーーーーーち」

 

私「ねぇ!最後の3秒、やけに長すぎません!?」

 

トレーナー「ははっは、がんばりましたね! さ、次は上半身行きますよー!」

 

あやつはきっとSだと思う。

こんなに人にいじめられてる感を味わうのは、久しぶりだ。

 

どSなトレーナーと戦ってますが、最終目標のうっすらシクスパックは果たして見えてくるのだろうか。

 

 

 

 

おやすみなさい。。。。

 

Jean

英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です