スイス日記2 こういう旅が好き。


おばんです。

Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンは、さきほどTOEIC企業レッスンでやったこちら。

忘れんぼさんがよく使う表現。

「Please remind me.」

どういうこと??

「思い出させてね。」

reminid : 思い出させる

私に必要なフレーズです。

さてさて。

フランス・スイスより、ただいま。

無事に帰って来れて、予定通りに今日のレッスンができたことがうれしい。

やっぱり疲れていたらしく、

朝子供を小学校に送り出した後、寝て

レッスンの合間に20分寝て

久しぶりに娘とピアノを弾いたり

たまっていた事務作業を終え

ただ今、ゆったり、まったり。

旅に出ると、なんの変哲もない、家族との時間や、家で過ごせるこんな時間が、スペシャルなものに思えます。

さて。

旅の続きでも振り返ってみようと思う。

スイス2日目

宿のオーナーにオススメされた、シルトホルンという山へ、登山列車を使って、レッツラゴー。

パリと違い、スイスの湖畔にある小さな街、インターラーケンでの滞在。

朝ご飯がついてるって、ありがたいね。

駅で列車待ち。

山を登る列車なんて、初めてだ~
緑がきれい!

今度は列車からケーブルカーへ乗り換え。
思ってたよりずっと現代的。

がんがん登って行きます。
山間の小さな村が見える。

きゃーー、写真で見る景色が目の前に。
息を飲む美しさ。
来て良かった…

山間の村、Murenにて。

1638mの高さにある、可愛いところ

牛の巨大なうん◯を踏んでしまいましたが、そんなの、へっちゃらですよ。

今までの苦労が吹っ飛んだよーー!

ここからさらにケーブルカーで上がり、シルトホルン頂上へ。
感動…

これをみれただけで、本当に来て良かった。

帰りは、ゆっくりすればいいよ、と宿のオーナーに聞いていたので、

山間の小さな村で、事前にスーパーで買って来ていたサンドイッチをランチに。

こんなとこで食べると、200円のサンドイッチが、うーーーまい!

こんな背景に、カプチーノとかさいこーー

私たちは、ケーブルカーで降り、景色を楽しみ、

歩いて降りるという、山ガールたちも楽しかったようで。

宿の近くにスーパーを発見したので私たちは、今日はホームパーティーしましょう、ということで。

昨日のレストランと比べると、4分の1の予算で、食べて飲んで楽しくて。

スーパーで、チーズ安!

スモークサーモンも、日本より安い!

みんなで、お料理。

キッチンにて、若者組。
(今回、私は若者組にエントリー)

んまーい!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です