だめママ


明日というか、日付が変わってしまったので、今日は、娘の小学校の入学式である。

わかっていた。
わかっていたのだが、JECの4月の新クラスのことやら、6月のニューヨーク・ボストンの旅準備やホテルの予約やら、なんやらかんやらで、相変わらずの前日準備。

毎回この調子だが、たいていのことはこれで乗り切れると思っている。
私は、今目の前にあることに全力を注いで生きるタイプなのだ。
それを肯定して生きている。

ただ、今回の主役は自分でなく、娘である、ということが、多少問題なのであり、夜10時20分に最後のレッスンが終わり、娘と一緒に寝たふりをし、11時前にごそごそと起きてきて、さて、明日の準備をするか、と書類を見たところ

やばい、白いスニーカー買うの忘れてた。

と気づいたりするわけである。

今の小学校では、通学用の靴は、白を基調としたスニーカーというパターンが多いらしく、

うん、前からわかってた、うん、そうだった

と今さら言い訳をしてもしょうがないわけで。

「うーん、今は夜の11時。どうするか。」

と考えたところ、もしかして朝までやってるという新しくオープンしたドンキホーテに売ってるかも、ということで、夜中の買出しに行かされるダンナ。

結局のところ、売ってなくて、いろいろと調べた結果、明日の朝9時に買い物に行き、白いスニーカーと、教室用のシューズを買い、10時10分の入学式の受付に間に合うように行く、というタスク。

うん、きっと大丈夫。
よし。

と思って、入学準備のプリントを見ながら、

「なんだよ、この時代に、この布を縫い付けるって」

と一人でぶつぶつ。

だってさぁ。

行程1 まずは、購入した布に、名前を書く

っていう時点で、青いところに名前を書くべきところに、間違って切り取り線のところに名前を書いちゃって、

最後の欄にきたところで

「ん?なんか最後の名前の欄がないぞ。」

と怪しく思い、

「あーーー、名前は青の中に書くんだった~

と気づき、

「も~!わかりにくいし!!

とすぐに他人のせいにするっと。

行程2 布を切り取り、周りのぼそぼそが出ないよう、織り込んでアイロンをかける。

は~めんどくさい。。

行程3 糸で指定された箇所に縫いつける。

私、きっと、世の中で苦手なもののトップ3に縫い物がはいるでしょう。

いや、別に不器用とかそういうのじゃない。
ただ、本当にあまり経験がない、というだけ。
と信じている。

もうさ、
はい、糸を通すのに、近眼のせいなのか、コンタクトが乾いているせいなのか、はたまた年のせいなのかはわからんが、

時間はかかるし

縫いだしたら、

「いたっ!」

と漫画みたいに、指を3回くらい指したし

すぐに糸が絡まり、不必要なところで糸を切ることもあり、

たった3つのネームを縫うのに、夜中の1時までかかった。

まー、子どもの入学準備もこんな調子で、かわいそうに、あんちゃん。
こんなだめママで。

とは、思ってないわけで、

さっき、娘との会話

娘「ねぇ、ママってさぁ、いろんな国に行ってるし、いろんな人に英語教えてるし、天才なんじゃない?
で、あんちゃんも、いろいろできるし、天才なんじゃない?」

Jean「うん、きっとそう!」

と、のんきなポジティブ親子。

しかし、この間違って記入した名前シートを、ママ友に写メで送ったら

娘「なんで、そんな間違えを、人に教えるのよ!」

と、ぷりぷりしていた。

Jean「いや、ちょっとくらい間違ってもさ、別にいいんだよ。 で、人に面白いって思われたら、いいじゃん。」

と言ったら、

娘「いやだ!そんなの!!」
といわれてしまった。

明日は、入学式。

何着ていこうかな

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です