子が病気になったとき


うちの娘(6歳)は、比較的体が丈夫で、あまり病気にならない。

今年幼稚園を休んだことってあったっけ? というくらい、毎日元気に幼稚園に通っている。
よっぽど、私のほうがダウンしているような気がする。

が、娘もとうとう流行のインフルエンザになった。

さて、子どもが病気になるということは、働くママにとっては、大変なことである。

うちは、それをどうやって切り抜けるているか。

どこの家庭でも同じだと思うが、働くままだけで切り抜くのは非常に難しい。家族一丸で切り抜ける。

今日の看病スケジュール

私個人の英語レッスンはキャンセル
ネイティブの先生と二人でやろうと思っていたダブルレッスンを、ネイティブの先生一人にしてもらう。
私が夕方4時まで看病。といっても、家でのんびりしてただけ。
その後、仕事にでかける

ダンナちゃんが4時に帰宅し、7時まで。

7時から、仕事終わり新幹線で母登場。

9時に私帰宅。母、帰る。

明日の看病スケジュール

午前中
私担当

午後
ダンナ担当


私担当

あさってまで長引くと、また新幹線で母が登場する可能性あり。

思い返せば、娘がまだ6ヶ月のときに、肺炎にかかり一週間入院した。
あんなにちいちゃかったのに、かわいそうに。

子どもの入院は、基本的に保護者は24時間つきっきりでないといけない。
そのときも、家族みんなで交代で看病。

そのときは、父もいたので、私、ダンナ、父、母、で4人で交代で病院に通い、泊まった。

そのときも、私はレッスンは一個も休まなかった気がする。

働いていようが、専業主婦だろうが、リタイヤ組だろうが、学生だろうが、みんなで子育てはするべきだ。

少なくとも、私はそれで、元気に働けて、家庭に、社会に、貢献できていると思っている。

娘、早く元気になれ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です