彼氏


昨日、キッズチアレッスンにて

小学4年生と6年生の女の子たちがやってきて

「先生、バレンタイン、誰にあげるの~」

というので、

「え、バレンタイン、いつ?
あ、もう2月か! えーと、そうだね、誰にあげようかな~」

と真剣に悩んでいたところ

「先生、彼氏いるの~」

というので、

(え!既婚者に向かって、そんな大胆な質問を!!)

と思っていたら、

他の子が

「え、だって、先生・・」

というので、

「あ、そうそう、私、残念ながら、結婚してるんですよ」

と、何が残念なんだかと思いながらいうと、

「なーんだ。」

とやっぱり残念がられ、

 

女子「じゃぁ、だんなさんにあげるんだね。」

 

Jean「あ、そうだね、あげなきゃね。」

 

女子「ねぇ、だんなさん、かっこいい?」

 

Jean「えーと、んーと・・
まぁまぁかな!」

 

女子「ふーん。」

 

と言って、二人、去っていった。

 

もうすぐバレンタインでした、女子のみなさん。

 

この前、Ryan(アメリカ人講師)のレッスンを受けていた、男の生徒さんにむかって、

Ryan「What are you gonna give to your wife on Valentine’s day?」
(バレンタインの日には、奥さんに何をあげるんだい)

と言っていた。

 

そう、アメリカでは、バレンタインの日には、男も女も好きな人にプレゼントを上げる日であり、女から一方的にチョコレートを渡す習慣のある日本とは、かなりニュアンスが違う。

Ryan「どうして日本ではチョコレートなんだ」

と以前、聞かれたが、私は、

「んー、チョコレート会社の陰謀だね」

と、昔からうちの父親が言っていることを、適当に答えた。

 

ま、小学生にとっては、ロマンチックな一大イベント。

がんばれ、女子よ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です