世界のこどもたち


カナダでいろんなパーティに参加し、いろんな子供たちに出会った。

こっちの子供たちは、元々親が別の国から移住してきているパターンも多く、家では、母国語を話し、外では英語を話す、という環境で育つから、自然にバイリンガルができあがる。

なんてラッキーな子供たちなの。

そういう意味では、日本は、日本語ばかりだし、日本語は日本でしか通じないし、英語話せなくてもぜんぜん生きていけるし、英語を学ぶにはお金がいるという、アンラッキーな状況だなぁと実感しますね。

逆に言えば、英語ができなくても、日本国内だけで生きていけるっていう、幸せな環境ですね。

自分の国を捨てて、カナダに移住してきてる人、いーぱいいるよ。

うちのカレッジの先生もその一人で、

「どうしてカナダに移住してきたんですか?」

と聞くと、

「自分の国では、子供たちに未来はない」(経済的な話)

と言ってました。

日本に生まれて、私たちは、本当に幸せなんだなぁ。

さて、日本に帰ってきて、思うこと。

① 日本のひとたちは、きれいにしている!(特に女の人、お化粧とか、洋服とか、かなり気を使っている。日本のメンズ、感謝するべし。)

② 日本のひとたちは、やせている!!(日本ですんごい太っている人でも、カナダではミディアムサイズ)

③ 日本のサービスは、すばらしすぎる!!(カナダのサービスに慣れちゃったら、日本で接客業の皆様は、神様に思えます。)

④ 日本の食べ物は、うまーい!(特に、米)

⑤ でも、日本の食べ物は、量が少なーい!(カナダの3分の一ほどしかない)

⑥ かごんまはあったかーい!(トロントでは、10月23日に初雪)

⑦ 日本の洋服はかわいいけど、たかーい!!(もう買う気がしません。)

なんだかんだ言っても、やっぱり日本が好きときめき

トロントに住んでいる子供たち。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です