砂の上のキャベツ頭


JECの生徒さんで、ピースボート仲間でもあるHさんが、JECのクリスマスパーティに参加するために、鹿児島にやってきた。

Hさんは、愛知に住んでいるが、Skype(スカイプ:パソコンを通じてのテレビ電話のようなもの。インターネットが使える環境なら、無料で使える。)を通して、毎週英会話のレッスンを受けている。

Hさんは、海外旅行が大好きな人、というかいろんなところに行くのが大好きな人である。
じゃないと、JECのクリスマスパーティがある、と言って、愛知から鹿児島へ、
「はい、じゃぁ行きます。」
なんて、簡単に来ないでしょ。

今年の5月にJECの海外ツアーで、ドイツに行ったときも、
「はい、私も行きます。」
と、なんでもあっさりと物事を決めて、悠々と実行する方である。

私より、大分年上であるが、私よりもずっとバイタリティがあって、もちろん人生経験豊富だし、世界を2周してるし、とにかく話がおもしろい。

「この国に行きたいんですけど」

というと、

「あぁ、その国はねぇ」

と言って、どこの国でも、いい情報を教えてくれる方である。

JECのクリスマスパーティは、JECメンバーと一緒に楽しんだし、そして、次の日は、JECメンバー(特にドイツに行ったメンバー)と一緒に、鹿児島観光として、指宿の砂蒸し温泉へ。

砂蒸し温泉は、鹿児島の観光名所のひとつ。
地熱で温まった砂に、体を埋めて、体を温める。

裸の上に浴衣を着て、ビーチへと出る。
海辺で。

気持ちいいことはもちろんだが、私がこの砂蒸し温泉の好きなところは、砂に埋まっている人々を、客観的に見てみると、なんか、キャベツがごろごろしているみたいで、とにかく見ていて、おもしろい。

砂に埋まっていく様子。
なんか死体がごろごろしているように見えて、ちょっと笑える。

完成系。砂の上に、キャベツみたいに頭がごろごろと。

JECドイツメンバー+運転手になっていただいたOrangeと車に乗っていると、ドイツ旅行を思い出した。

あちらでは、このメンバーで、ドイツ人の友人に運転してもらって、どこそこと旅行したなぁ。

私は、こんなふうに、JECメンバーでこうやって仲良くなっていって、また一緒に旅をしたり、パーティをしたり、お酒を飲んだり、と楽しいときをすごしたい。

これは、本当に大きなスクールでは、とても難しいことであって、個人でやっている小さなところじゃないと、できないことであると思う。

生徒さんは、JECはまだまだ少ないけれど、そうでなければできないことを今、やるべきだと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です