凛として生きる


昨日は、3ヶ月に一度のセレブ会に参加した。

セレブ会とは、自称セレブな女子たちが、セレブな食事を楽しむというもの。

昨日は、鉄板焼きのお店で、目の前で派手にステーキやお魚などを焼いてくれ、
「これ、まじでセレブじゃん」
と、ついセレブらしからぬことを口に出してしまうほど、おいしゅうございました。

レディスランチ、1580円なり。
その程度のセレブでございます。

その程度のセレブたち。

その後、金美齢さんの「凛として生きる」という講演を聞いた。
金美齢さんは、「たかじんのそこまで言って委員会」 などに出ている台湾出身の方。
名前が難しいから覚えにくいけど、顔を見れば、
「あぁ」
と知っているような人。

金美齢さん、75歳だって。
会場の女性は、みんな、

こんな75歳になりたいわ。

と思ったはずである。
そんな素敵な、おばあちゃんというイメージとは、まったくかけはなれた女性。

だってさ、小学生の孫に「ボス」って呼ばせてるんだって。
いい年のとり方してるよなぁ。

知らなかったけど、早稲田大学院の英文科卒で、20年以上、大学で英語教育に関わっている。
ケンブリッジ大学で、客員研究員。
既婚、子供2人。

41歳で、ケンブリッジ大学で研究しているときに、日本人男性にこう言われたんだって。

「うちの奥さんには、絶対こんなことはさせたくない。」

まぁ、家のことをほっぽらかして、外国に一年間行くなんて、嫁失格、と思う男性は、結構いるでしょう。
そこまで思わなくても、単純に、家事をしてくれる人がいなくて、困るとかね。

金美齢さんと私を比べるなぞ、非常におこがましいですが、
私も、そういう類のこと、言われることがある。

海外に行くという話になると、まず、
「だんなさんは?」
「子供は?」
って聞かれる。

この間、カナダの大学に6週間行ってきたときも、結構言われたよなぁ。
そう言われることに慣れてはいるけれど、結構強く自分を持ってないと、

「なんか、私って、悪い嫁? 悪い母?」

というような気持ちに陥ることもある。

そこで、金美齢さんが思ったこと。

「では、あなたの奥さんは、ケンブリッジ大学に呼ばれる能力を持ってるんですか?」

だって。

ほぉ~、かっこいい。
恐れ入りました。

結局、人間、自分にどれだけの自信をもって、凛と生きていけるかなんだよなと思った。

金美齢さんは、きっとそうだから、そんなこと堂々とが思えるんだろう。

みんなそれぞれ、自分に自信が持てることができていたらいい。
それが、子育てという人もいるだろうし、仕事以外のことを一生懸命やっている人もいるだろう。

私は、多分、今自分に、金美齢さんほど、自信をもてていないんだろう。

だから、なんか人に言われたとき、
「いや、私も一応、毎晩、ごはん作ってますから。」
という返答になってしまうんだろう。

どうしてかな。
JECが小さいからかな。
や、違う。
きっと、社会的な貢献が少ないからだろう。

ま、そんなことを思った一日でした。
続きは、カフェで一人紅茶でも飲みながら、ゆっくり考えるとしよう。

講演終了後は、金美齢さんに影響を受けた女子4人で、かわいいカフェに行き、人生を考えようと意気込んでいたが、

「ねぇ、夏、ダイビングのライセンス、取ろうよ。」

「きゃ~、楽しそう! え、Iちゃん、ライセンス持ってるの? すごーいラブ

「いくらくらい、かかるの?」

「行くのは、ボーナス後で、お願いしまーす!」

_中略_

「 は! 人生について考えるの、忘れてた!」

と、いつものパターンだったわけですが、
まぁ、楽しくて良い。
新たな友達もできて、良い。
普段の生活は、そんなもんである。

いい季節になりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です