菜の花マラソン


先日、指宿菜の花マラソンに参加した。

と言っても10キロですが。

毎年、チアでオープニングで踊るという形で参加していたのだが、今年はメンバーがそろわず、出演断念。

毎年の楽しいイベントをなくしてたまるか、ということで、無理やり参加。

朝4時半、車で出発し、会場に6時ごろ到着したときも、まだ真っ暗。
受付を済ませ、車で仮眠。

また、その日がめちゃくちゃ寒くて、どんな格好で走るか迷いに迷い、
走りはじめたら暑くなるが、スタート地点まで行ってスタートするまでの時間が40分ほどあって、その40分が寒いということで、結局めちゃくちゃ厚着をしたまま、スタート地点へ。

厚着というのは、

冬用キャミソール

売れに売れているユニクロのヒートテックロンT

今回のために買ったアディダスのピンクのロンT

今回のために買った薄くてもあったかいという売りの、うっすいビニールのジップアップ

めちゃくちゃ厚くて重い、あったかパーカー

を着て、スタート地点に立ってしまった。

スタート地点で、すでに、

「しまった、こんなに着てくるんじゃなかった」

と思ったが、すでに車からかなり離れているし、応援に来ると言っていたケニア出身のFrankは、予想通り来なくて、頼める人もいないし、ということで、しょうがなくそのまま走ることに。

「よ~い、パーン」

で、スタート。

まず、思った。

「え?なんで、みんなこんなに速く走るの?」

速いのだ。

というより、私は遅いのだ。

「こんなに飛ばしたら、後でみんなもたなくなっちゃうのに。」

と最後まで思い続けていた。

そのくらい、みんな速くて、私は遅かった。

後半の3キロくらいは、思ったとおり、私がペースが落ちた。

腰の曲がった筋肉質のおばあちゃんや、明らかに足を痛めているおじちゃん
に、次々と抜かされた。

そして、やっぱり、暑くなり、2キロほど走った時点で、パーカーを腰にまき、7キロほどの時点で、ジャケットを手に持って走った。
これがなかったら、もう少しは速く走れたかもしれないなぁ。。。

初めは、人と比べて

「この人についていこう」

とか、

「なぜ、こんなメタボな人に抜かされるんだ~」

と思っていたが、だんだん、自分が長距離走の能力がすごく低いことに気付き、

「これは、人と比べていてはいかん」

と思った。

そこからは、まさに、自分との戦い。

速くは走れないから、歩かない、という自分との約束を果たせるかどうか。

結局1時間7分かけて、10キロ走りきった。

4人で走って4着。
仲間内では、びり。

遅い。
と思ったけれど、全体ではちょうど半分くらい。

結果としては、思ったよりは遅くなかった。

小学校のころ、私は、短距離は、リレーの選手になって、速い人にがんがん抜かされる程度の、中途半端な速さであった。

長距離は、60人中50番程度で、一生懸命走ったつもりだったのに、ものすごく遅かった。

中学校になって、長距離をまじめに走ったことはなかった。

中学校に勤めたときに、駅伝大会で生徒と一緒に走ったけれど、1キロくらいだったと思う。

結局、1時間もの間、ずっと走り続けたのは、人生初めてであり、小学校のころから比べると、少しはましになっていた。

ほんとは、チアもずっとやってるし、加圧トレーニングもやってるし、すごい速くなってたりして、と結構思っていたけど、やっぱり人がもっている潜在能力って、そんなに変わらないんだなぁ。

と思った一日であった。

60分をきるつもりで並んだスタート地点

南国、指宿はほんとに菜の花が咲いていた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です