おばちゃんの定義


正月は、実家で、紅白歌合戦、おせち料理、家族でのんびり、という、典型的な日本風なときを過ごしたJeanです。

初めて、姪っ子なるものに、会った。
5歳、大阪出身。

今まで会う機会がなく、初めて会った。
直接血はつながっていないものの、他人の子より近い気がする。

さて、私たちの年代、アラサーにとって、子供たちと接するときに、自分のことをなんと呼ぶかは、とても難しい問題である。

基本的に、結婚して子供ができると、比較的あっさりと自分のことを「おばちゃんはね、」と言えると思っいたのだが、なかなか自分のことをおばちゃんだと認められない30代女子は多いと思う。

この前、それぞれ子供を連れてのママたちのランチ会で、同じ年齢の友達が、
「ほら、おねえちゃんにおいで」
と言うのを聞いて、

「おいおい、33歳で、子持ちで、おねえちゃんはないだろ」

と他人のことは思うのであるが、いざ自分はとなると、

「お、おば、いや、私はね、」

と、いつまでも私だけはおばちゃんではない!という勝手な心の叫びがつい、言葉になってしまう。

しかし、この正月で、姪っ子にあったときは、まず、周りが

「ほら、おばちゃんよ。」

と、最初からおばちゃんというスタート。
こう言われると、あっさりとふんぎりがつき、

「よーし、おばちゃんとかけっこしよう!」

と、姪っ子と遊びまくり。

うちの子と一緒に3人で、お風呂に入ったときのこと。

姪っ子「おばちゃん、なんでおばちゃんはお風呂に入ると顔が変わるの?」

子供はよく見てますなぁ。
みんなが思うことを、あっさりと口に出しますなぁ。

でも、次の日、またお風呂に入ったときのこと。

姪っ子「おばちゃん、お風呂に入ったときの顔のほうがかわいいで。」

うれしいような、微妙なような、でも、やっぱり、いつまでも女は、

「素顔が一番きれいだよ。」

って言われたいものだよね。

まぁ、言われたのは5歳の子供で、いまやもっぱら、周りの男性には、
「ちゃんと化粧してた?」

など逆のチェックを受けたりしますが、ほんとに私のことを思っている人は、素顔が好きであるに違いない。

すっかりいい気になったおばちゃんは、

「よーし、おばちゃんとかるたするで~!」

とつられて大阪弁になって、いっぱい遊んであげたのでした。

しかし、大阪の子はすごいね。
エドはるみの真似をするのは、うちの子もしますが、

うちの子「ショッピング~グッドあなたもグ~グッドわたしもグ~グッド

に対して、

大阪の姪っ子「エドはる・・zzz エドはる・・zzz」
「グゥググゥググゥグッド ゴ~~~~!!!」

と10回くらいやっていた。

大阪の子は、5歳にして、すでに芸人魂を持っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です