ブラジルからの来客


おばんです。

久しぶりのブログ更新。

さぼっておりました。

さて、久しぶりに海外のお客さんがやってきた。

今回は、ブラジルからのカップル。
Daniel(ダニエル)とSamantha(サマンサ)。
名前が覚えやすくて、よろしい。

現在東京在住の、結婚している夫婦。

2ヶ月かけて、日本縦断、自転車の旅。

どーして、こう外人ってのは、こんな夢やロマンにあふれることを、実行できるのかね。

素敵です。

初めて会ったときの印象。

わ!女の人、ちっちゃい!

私よりも背が小さい。
ブラジル人と言えば、セクシーダイナマイトな女性ばかりではないのか?

と、後から聞いてみると、彼女は、おじいちゃんとおばあちゃんは日本人、
お父さんは日本人、お母さんはドイツ人、そしてブラジル生まれ、というなんだか複雑な状況。

お母さんがドイツ人という割には、結構日本人よりな顔。
日本語は、ぜんぜんだめだけどね。

彼らは、ブラジル人なのに、ベジタリアンであった。
肉と魚を一切食べない。

うちに2泊したので、朝ごはんと晩ごはんを一緒に食べたのだが、ご飯を作るのも、肉と魚を使えないので、なかなか難しい。

朝は、レタス、トマト、チーズのサンドイッチとか、サラダとか、フルーツなど。
晩は、トマトソースのパスタとサラダとフルーツ。

普通だったら、トマトソースにベーコンとかツナとかを入れるのだが、入れられないので、にんにくときのこを入れて、最後にチーズをちょっと入れたら、意外においしかった。

二人に付き合って、肉、魚を食べなかったが、ぜんぜんいけた。
これは、とても新しい発見。

私は肉女で、肉を食べすぎな傾向があるので、このベジタリアンなブラジル人のおかげで、肉を食べなくても、ぜんぜんおいしくご飯が食べられるということがわかった。

彼らは、私と同じように、いろいろな旅人を受け入れており、今まで家に30人ほどの旅人を泊まらせたことがあるということだった。

そして、世界中の旅行者とよく接している私たちの共通の意見。

「ヨーロッパ人、風呂に入れ!」

南アメリカの人々は暑い国に住んでいるからか、一日に最低一回はシャワーを浴びて、暑いときは3~4回もシャワーを浴びるらしい。

まぁ日本人も、一日一回はたいていお風呂に入るでしょ?

ヨーロッパ人って、ほんとシャワー浴びないんだよね。
日本では、夜お風呂に入るが、たいていの外国人は朝浴びる。

だから、客が来るたびに、

「Do you want to take a shower?」

って朝聞くんだけど、ヨーロッパ人は、

「んーーいや今日はいいや」

ってすぐ言う。

お前が良くても、こっちが良くないんだよ!

布団がどんどん外人臭くなるだろーが!!

と思っても、まぁそんなことは言えないわけで。。

Danielは、ヨーロッパ人を家に泊めるとき、事前に

「Please take a shower!」

と、伝えておくと言っていた。

んーー、さすが30人もの世界中からの旅人を相手してるだけのことはあるね。

ヨーロッパ人は、見た目は白人でクリーンなイメージがあるが、実際は、世界で一番きれい好きなのは日本人だと言われている。

以前ベトナムでキャンプをしたとき、暑くて暑くて、しかしキャンプ場だったためシャワーがなくて、たった一日シャワーを浴びられなかっただけで、私はとてもブルーになり、むっつりとなってしまった覚えがある。

晩御飯を食べながら、いろいろな話をした。

Danielは、東京で、2つのサッカーチームに所属しているという。

やっぱり、ブラジル人だからかぁと思っていると、

Daniel「日本では、ブラジル人だというだけで、みんな僕がサッカーがうまいと勘違いするんだ。」

だって。

実際は、まぁうまくもなく、下手でもないらしい。

昔トロントにいた頃に、ダンスが下手な黒人を見て、友達と二人こっそりと笑ってみていたことがあるが、当たり前のことだが、国民性というものはあるものの、全員が全員、そのとおりだとは限らないわけで、

シャイなアメリカ人もいれば、サッカーが上手でないブラジル人もいるわけである。

日本に住んでいる外国人で、英語の先生でない人たちと、初めてであったように思う。

ブラジル人として、東京に住んでいること。
日本でお金を貯めて、ブラジルに家を建てようと思っていること。
日本の後は、オーストラリアに行って、大学に行こうと思ってるということ。
その後は、ヨーロッパを一年かけて、二人で自転車で回ろうと思っているということ。

あー、なんかこの人たちは、自由だ。

子どもはいないものの、結婚してて、同じくらいの年で、日本に住んでいて、あたしとそう境遇は変わらないのに、なんだ、この自由な発想は。

日に焼けた二人の肌を見て、なんだかうらやましく思った。

いつまでも、自由な発想で生きている人たちって、なんか楽しそうに過ごしてるよなぁ。

今頃二人は、沖縄で、風を切って、自転車で走っているのだろうか。

Have a nice ride!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です