やっぱり大好きです、チア


大学ではバンドをやっていた。

反社会精神あふれる、ロック少女であった。

社会人になり、昔から好きだったダンスをまた始めた。
23歳のころから、チアリーディングというスポーツを始めた。

鹿児島初の社会人チアリーディングチーム。

チアリーディングって何?
という時代。

鹿児島で経験者もほとんどいない状態で、初期メンバーは手探り状態でがんばった。

あれから10数年。

今は、チアダンスチームのコーチとして、大人や子どもにチアを教えている。

チアリーディングの大会のときは、役員として毎回参加している。

先月は、鹿児島でチアリーディング九州大会で、役員参加。
本日は、鹿児島のチアリーディング県大会で、役員参加。

私がいたチームは、すでに全国大会レベルにまで達している。
あのころ一緒にプレイしていたメンバーもまだまだたくさん残っていて、チームをひっぱっている。

本日、午前中のリハーサルの途中、うちのチームを見ていたら、いつの間にか、一人足りない状態でプレイしていた。

ジャンプの着地で、足を痛め、キャプテンの子が途中で場外に出ていた。

救護のところに行ってみると、足にいっぱい氷をあてられて、その子がいた。
とても責任感が強く、安心してキャプテンを任せられる子が、半分笑って

「やっちゃいました。」

靭帯を痛めてるだろうということで、すぐ病院へ。
みんなの前では笑顔でいたが、体育館の外では泣いていたらしい。

キャプテンが抜けた状態で、別のプレイヤーをピンチヒッターとして急遽入れて、本番の演技。

全国レベルのダブルツイスターズが、
あぁ、あぁ、と、どんどんくずれていく。

トップの子が落ちて、ミドルがくずれて、

それでも曲は続く。
卑屈な気持ちで、次のスタンツへと、向かっていく。

そしてまた崩れる。

自分たちの大会を思い出した。

あんなに練習したのに。

あんなにやってきたのに。

大会の後は、いつも涙だった。

今日、どんどん崩れていくあなたたちを見て、泣きながら退場していったあなたたちの後姿を見て、見ているあたしたちも泣いてたよ。

そんなことがあって、人間強くなるんだと思う。

泣いて泣いて、強くなるんだと思う。

2週間後は、東京代々木で、ジャパンカップ。

あたしは、応援にはいけないけれど、遠くからひそかに応援しています。

Go! Double Twisters!!

鹿児島には、こんなにチアリーダーがいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です