チリからの客人


今日は、鹿児島に住んでいる、チリの方が、うちにご飯を食べに来た。

名前は、Alejandra。
なかなか発音が難しくて、うまく名前が呼べないでいると、カタカナで書いてくれた。

アレハンダラ
だって。

通称アレである。

彼女は、鹿児島の男と結婚したということで、鹿児島に来て、一年になる。
何も、まぁ、チリから鹿児島にお嫁に来なくても・・と思うが、それが恋愛というものなのだろうか。

せっかくなので、和食を作ろうと思ったのだが、私は普段あまり和食を作らないので、何を作ろうかと迷った末に、

結局は、てっとりばやい、牛丼にした。

いつもの食卓なら、

牛丼、味噌汁、きゅうりとトマトにドレッシングをかけたシンプルサラダ

ということになるのだが、お客さんが来るとなると、

牛丼、味噌汁、ホタテ入りのシーフードサラダ、さらに水餃子にもやしを添えて

という具合に、若干ゴージャスになる。

アレはおいしい、おいしい、と食べてくれた。

アレは、チリ出身ということで、母国語はスペイン語。
私は、何度もスペイン語で話しかけられて、

「Hey, you are speaking Spanish!」

と何度も言った。

彼女は、スペイン語と英語と日本語を話しているせいで、よくごっちゃになるらしい。

だんなさんとは、英語と日本語を混ぜて、話しているらしい。

「ねぇ、だんなさん、やさしい?」

と聞くと、

「んーーー・・」

だって。

なんで、鹿児島男と結婚したかなぁ。

「やさしいけど、言葉の壁がまだある」

らしい。
その状態で、よく結婚したなと思うけれど、繰り返すが、やはりそれが恋愛というものなのだろう。

今度は、アレの家で、チリ料理を作ってくれるらしい。

チリ料理って、どんなのかなぁ。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です