ベルギーからの客人2


ベルギーから電車でいろんな国に行き、今、日本を旅しているというベルギー人カップルを迎えて、2日目。

私は、朝からレッスンがあったので、彼らは自分たちで、鹿児島のメッカ、桜島へ行くことにしているらしい。

どうせだから一緒に朝ごはんを食べようと、うちに朝9時ごろ来る。

家に来て、そうそうFreddyが言った。

Freddy「Jean,あのね、実は、僕はとてもからだが大きいだろ。
昨日、教室のとても小さいトイレに入ってるときに、あまりに狭すぎて、ふらっとよろけたんだ。そのときに、パイプをつかんだんだら、パイプが少し裂けてしまって、水が少し漏れちゃってるんだよ。ごめん・・」

Jean「もーー・・・」

なんだか、Freddy,こわもてのくせに、まぬけキャラなんじゃないの??
と思いつつ、みんなで朝ごはん。

和食スタイルの朝食(ご飯、味噌汁、玉子焼き、ウィンナー、ふりかけ)を作ると、とってもジャパニーズだね、と言っていた。

そこで、彼らが注目していたのは、娘用に買ってある、ふりかけのパッケージ。
こんなのしかなくてごめんね、と言って出したプリキュア(小さな女の子が好きなキャラクター)が載っているパッケージにとても興奮しているので、

「えーこんなのもあるよ」と、娘へと、山口のおじいちゃん、おばあちゃんから送られてきた、レトルトカレーやら、コーンスープやらの、あんぱんが載っているパッケージを見せると、

「なんで、日本は、こんなかわいいパッケージがあるんだよー!」

とこわもてフレディが大興奮。

さては、おぬし、やはり、ヨーロッパおたくだな?
と思っていると、

「僕は、日本のアニメの「なると」が大好きなんだよ。」

と、なるとグッズらしい、小銭入れを見せてくれた。
日本の30歳の大人は決して持っていない、プラスチックのかえるの形をした、小銭入れ。

まぁ、娘のレトルト食品で、こんなに盛り上がる会話ができてよかったわ。

フレディは、アンパンにとても興味を示しており、

「彼はいったい誰なんだ?」

とか、

「このおじさん(ジャムおじさん)はどういうポジションなんだ?」

とか、

「アンパンマンとは、どういう意味なんだ?」

とか、日本のサブカルチャーにとても興味を示していた。

私の今日の仕事は、3時で終わり。

3時からは、彼らに鹿児島観光をしてあげようかな、と思い、3時に桜島から帰ってきて、うちのマンションで待ち合わせというプラン。

予定通り、3時ごろ、マンションに帰ってきた二人。

ヨーロッパ人は、時間に対しての感覚が日本人と近いと思う。
まあ、遅れても10分、15分とかね。

国によっては、1時間、2時間遅れるのは当たり前という人たちもいるからね。

午後からは、薩摩の藩主だった島津家の別荘だったという磯庭園に行き、となりのビーチにも立ち寄ろう、というプランだったのだが、帰ってきたFreddyが言ったのは、

「Jean,あのね、実は、桜島で観光しているときに、ズボンが破けちゃったんだ。僕のサイズが買える洋服やさんはあるかな。」

だって。

またまた、まぬけキャラじゃーん、Freddy。
ということで、磯庭園はキャンセルになり、ユニクロへ。

Freddyサイズの2Lというのがあり、試着して、チノパンみたいなやつを買ってた。
自分のサイズが合って、とてもうれしそうなフレディ。

そして、

「漫画がついたTシャツがあった!」

といって、うれしそうに試着していたが、

「小さすぎた・・」

とがっかりしていた。

磯庭園に行く時間がなかったので、かねてから行きたいと思っていた、友達の輸入雑貨の店に行くことにした。

眺望がいい場所にあるということで、外国人がいたら、連れてきてねといわれていたからだ。

「蒼い空」という名前の小物雑貨が置いてある、友達の素敵なマンションの中の店で、コーヒーを飲んだり、鹿児島の眺望を楽しんだり、自分にかわいい髪のゴムを買ったりした。

素敵な眺望のお店で。

夜は、私が最近よく行っている鳥の七輪焼きやさんへ。
娘も、すでにフレディが大好きで、肩車なんかしてもらったりして。

ベルギーでは、牛と豚は、生で食べるが、鳥は決して生で食べてはいけないものらしい。
日本では、牛と鳥(特に鹿児島)では、生で食べてもいいが、豚は決して生で食べてはいけない、と普通は思っている。

絶対、おいしいから、と七輪焼きやさんで、中身は少し生の地鶏焼きを勧めると、やっぱり

「おいしい!!」

と言ってくれて、うれしかった。

「ママに生の鶏肉を食べたと言って、ショックを与えるよ」

とうれしそうに、生の鶏肉の写真を撮っていた二人。

ホルモンなどの、もつ系も食べないらしいが、鳥の皮みたいだよと言って勧めると

「んーーいいね!」

と上機嫌。

ホルモン、地鶏のころころ焼き、せせり、いか、あらびきウィンナー、野菜盛り

というメニューで一通り、食べた後、

「なんか、好きだったものをもう一回頼めば?」

と言うと、

「じゃぁ、初めからもう一度同じものを頼みたい」

と言って、とても気に入ってくれた様子であった。

ベルギー人が来たということで、特に鹿児島では珍しいから、店のオーナーも、今日はいいしいたけがあるから、とか、おもちを食べてみるかい?とか、サービスしてくれた。

ベルギーでは、しいたけは、高級食材らしく、高級レストランでしか食べられないものらしい。

こんなに大きなしいたけをただで食べた、と友達に自慢したい、と言っていた。

今日は、僕たちがおごる、と言って、おごってくれた。

夜は、家に帰って、ネットをしたり、お互いに写真を見せ合ったり、だんなが帰ってきて紹介したりなど。

フレディと話してるときに、近くでフレディの顔をよーく見てみると、とてもきれいなブルーの青い目をしていて、

「この人、ひげ剃って、やせたら、たぶんいけめんだな」

とあたしなりに思っていたのだが、フレディたちが今までの旅行の写真とか、昔の写真とかを見せてくれてたときに、フレディとアナリースが出会ったときの写真を見て、やっぱりね、って思った。

17歳の二人。

アナリースは、なんか昔のJuliette Lewis uewisshttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9

みたいだし、Freddyは、あたし好みの長髪のいけめんだしさ。

今も二人で、世界を旅しながら、一緒に過ごしてるっていう事実に、単純に、素敵だなと思った夜であった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です