スイスからの客人3


スイス人のカップルが来て、3日目。
今日は最後の日。

今日は朝のレッスンが終わったら時間があったので、鹿児島を案内するというプランだったのだが、不覚にも体調不良・・ウイルスにやられたと思われる。

二人は、

「No problem.」

と行って、指宿へでかけていった。

夕方、二人は戻ってきて、私の体調も良くなり、前の生徒さんがしている、和食のレストランへ。
娘がここに来て、ようやく二人に慣れてきた。

鹿児島名物の黒豚しゃぶしゃぶや、刺身、てんぷらなど、一般的な日本食と焼酎をトライ。

いろんなことを話して、最後の晩も楽しく過ぎた。

ここで、今回スイス人といろんなことを話して、いろんなカルチャーショックを感じたので、紹介しよう。

1.基本的にシーフードを食べないこと

2.魚の卵は「おえっ」という類のものであるということ

3.食べてみたら「意外においしいね」ということ

4.今まで一度もかにを食べたことがないということ

5.食べてみたら、やっぱり、「すごいおいしい!」ということ

6.生のものは、バクテリアがうようよしていて、食べ物ではないという観念があること

7.時間にとても正確であること

8.日本がでかいと思っていること

9.とても律儀であること

10.パスポートがとてもおしゃれなこと

11.ロシア製だというカメラに、のぞき穴(もちろん液晶も)がないということ

(カメラをのぞかずに、被写体を直接見てとる。「これでいい写真が撮れるの?」と聞くと、「いいものが撮れることもあるし、ちょっとはずれてるときもあるわ」とメラニー。そのカメラを1万円も出してあえて買うところが、日本人には謎すぎです。)

12.100円ショップで見つけた、横のところが少しぎざぎざしているグレープフルーツ用のスプーンに、こんなユニークなスプーンは初めて見たと非常に興奮し、ロシアのスプーンミュージアムにそのスプーンを送ろうとしていること

13.スイスまで電車で帰ろうとしていることびっくり

そんなスイス人カップルが、私のページに残してくれたコメント

Jean was the perfect host to us!

When we arrived at a Kagoshima station with a lot of stuff carrying with us she just came and picked us up with her cool yellow car!

Her dad cooked for us and Jean invited us for a traditional japanese
dinner which we higly appreciated as we had the chance to try japanese food which we never tried before!

If you go for long and interesting conversations Jean is the person to go for!

We also learned how to do Origami from her daughter!
We really had a great time!

私もとてもいい、ユニークな時間を過ごしたよ。

Have a great trip!!電車

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です