ママという仕事


5歳になる娘がいる。

小さいころから、保育園に行っていたのだが、今年から幼稚園に通いだした。
一緒にチアを習っている近所のお友達の制服を、自分も着たくて。
そんな理由である。

私が、今の生活で、一番苦戦しているのが、この幼稚園なのかもしれない。

とにかく、働くママにとっては、とても難しいタスクが課せられる。

たとえば、平日に運動会のリハーサルがある。
たとえば、子どもの学芸会の衣装の打ち合わせが平日にある。
たとえば、芋ほりの袋が届けられてない、と言って、幼稚園から電話がある。

子どもは喜んで通っている。
親は、ふぅふぅ言いながら、がんばっている。
という現状。

先日、「芋ほり」という行事。
前日が、飲み会だったので、あまりプリントをチェックしてなく、帰ってから、

「あーー明日お弁当作らなきゃー」

と目覚ましを6時50分にセットして寝る。

実際起きたのは、7時10分。
娘は昨日パパと夜更かししたのか、なかなか起きない。

「芋ほり行かないなら、お弁当作らないよ!!

としかりつつ、弁当を作りながら、今日もって行くものをチェック。

・愛情弁当
・水筒
・おやつ
・敷物
・おしぼり
・タオル
・ティッシュ
・ごみ袋
・ショートパンツ
・スモック
・カラー帽子
・長靴・または雨靴
・芋用の袋(布製でひものついているもの)
・移植ごて(シャベル)

はぁ~~

しかし、現実逃避をしている暇はない!

はい、準備準備!後30分!!

と超特急でがんばったが。

移植ごて・・

ない。

はぁ~

とりあえず、弁当やらなんやらを持たせて、7時50分の幼稚園のバスに、娘を乗せる。

ご近所さんに

「あの~シャベルとかありませんかね~」

と猫なで声で聞いてみる。

15分後に見つかった。

普段の近所付き合いの賜物である。
結構都会に住んでる割には、子どもがいるということで、ご近所さんと仲良くしてて、良かった。

借りた移植ごてに、うちの子の名前シールを貼り付け、8時半ごろ、幼稚園に移植ごてを届けた。

その夜、掘ってきた芋を使って作った、娘と一緒に作ったスイートポテト。
見た目はいまいちだけど、結構おいしかった!

しかし、ママとは、とても大変な仕事だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です