南フランスからの客人


思い返せば、今年の夏、お盆休みに、南フランスのニースというところから一週間ほど客人が来ていた。
ジャックという名の、まぁまぁ若者(30才)の黒人系フランス人。
英語名だとJackなのだが、フランス語だと、Jaque というスペリングになるらしい。

枝豆を食べるJaque。
この豆はどうやって食べるのか、と聞いていた。

まさしく、ジャックと豆(の木)

フランスの人は、義理堅い人が多く、バックパッカーなので、すべての荷物はしょって歩かないといけないのに、フルボトルのフレンチワインをくれた。

これ、何本リュックに入ってるんだろう。

とても控えめな彼は、とても天気に恵まれず、鹿児島にいる間、80%は雨だった。
一日、熊本に行ったが、その日は鹿児島は晴れて、熊本は雨だった。

メインイベントだった、薩摩川内の花火大会も延期になって見れなかった。

そんな中、彼は、

「仕方ないさ。」

と優しく笑っていた。

お盆休暇中だったこともあり、私は実家に帰っていて、ほっときっぱなしだったのだが、お盆明けに娘のチアお披露目会に一緒に参加したときの話。

娘とうちの母とJaqueと私で行ったのだが、

他のメンバーの保護者のひそひそ声 「え?? あれ、あんちゃんのパパ?」

ないない、jaqueからあんちゃんの顔は決して生まれることはない。

帰りに、鹿児島名物のとんとろラーメンに寄ってみたり

娘と遊んでくれたり

うちで頼んでる大工さんを呼んで、日本建築とフランス建築の話をしてみたり

日本庭園ぽいとこに行ったり。

相変わらず義理堅い彼は、最後の日に、鹿児島のサツマイモのスイーツを買ってきてくれた。

それを一緒に食べながら、

「これ、さつまいもって知ってた?」

と聞くと、

「え?知らなかった!」

と答え、
フランスにはサツマイモが存在しないらしく、知らずに買ったのにとてもラッキーだと言っていた。

次回は、南フランスで会いましょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です