うまいもの


おばんです。

30代になって、社交生活がぐっと広くなってきたJeanです。

 

先日は、オイスターバーとかいうところにご招待を受けて行ってきた。

鹿児島にも、もはやこんなおしゃれで多少高級なおしゃれなシーフードバーができたか、というような、NYを思わせるようなバーである。

 

今日のレッスンでもやったのだが、oysterというのは、日本語で言うと、牡蠣(かき)である。
そこのオイスターバーでは、壁にかけてあるブラックボードに、島根産の牡蠣だとか、オーストラリア産の牡蠣だとか、日本や世界各地の牡蠣の情報が書いてあり、

どこそこの牡蠣は味が濃厚 だとか

あちらの牡蠣はサイズがでかくて3人分は取れる だとか

そんなグルメな情報がとびかっており

 

私はというと、

 

おなかがすいたから、なんでもいいよ

 

というくらいのスタンスで、所詮牡蠣のおいしさの違いなぞ、ほとんどわかるわけもなく、おいしい、おいしい、と、喜んで食べているだけである。

 

知っている人は知っているが、私は、seafoodloverという名称で通っており、さぞ、シーフードがお好きなんでしょうね、と思われていることがあるのだが、実は、私は魚の刺身はあまり好きでない。

むしろ、甲殻類の、えび、かに、ホタテなどをとても好む。

しかし、それはえてして高額であるので、しょっちゅう食べられるわけではないが、またそれが、シーフードラバーとしてはそそられるわけである。

 

 

たまには、少しおしゃれなバーに行ってみるのもいい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です