音楽関係者と、そして、小さいお子さんがいる方へ、驚くべき報告。


おばんです。again.

英語で言うと

Good evening again.

ですね。

いや、あまりに早く寝たら夜中に起きるという、最近の老化現象がいやで

テレビを見る習慣があまりないもんですから

それより、ここで独り言を言っていたい。

ということで、しつこく執筆しておこう。

はいはい、さてさて。

みなさんにお伝えしたいことは、いつでもたくさんある。

今日は、その中でも、医学部で学んでいるからこそ、敏感に感じ取れているんだろうということを、ご紹介。

この前知って、驚愕した事実。

自慢じゃありませんが、Jeanセンセーは、39歳にも関わらず、なんだか若く見えるのよね。

体重計も、そーだ、と言ってます。

おー、いつまでも若いねぇ、Jeanセンセー。

と思ったら、そんなに世の中うまくいくわけもなくてね。

私の職業上、若く見られることはそんなにいいことではない。

いろんなところで、英語を教える立場となってきた今、

「26歳の小娘に、そんなこと言われたくないわ」

という企業レッスンのオジサマだっていらっしゃるでしょう。

ま、と言っても、26歳に見られているわけでもないと思うが。

(はい、ここで数字のマジックですが、医学部でいろいろと勉強すると、いろんな世の中が見えてきます。

体重計に載って、体内年齢26歳って見せて、そしたらうれしくなってお客さん買うわね。

ま、そこらへんのことも加味しながら。)

これがまた、私の結婚した人が、私より6つ上、そして、老けて見える、いえいえ、実年齢よりも年上に見えるものですから、

いつかコンビニの鏡に映った自分たちを見て、

「なんか、若い子とおっさんの、不倫カップルみたいに見えるね。」

と言ったことを、なんだか自分でも覚えている。

もうすぐ、結婚10年になります。

えらく前置きが長くなってしまった。

言いたかったことは。

私が若く見えるのは=新陳代謝率がいいのは、チアのおかげだと、ずっと思ってきた。

それは、絶対に、間違いではないと思う。

そして、スポーツマンのダンナによる、「とにかく、水をいっぱい飲め。」というアドバイスを素直に聞いたことで、汗をかく体質になったということも、とても良かったと実感している。

しかし、ここにきて、まさかの

「音楽をしている人の脳は若い!!」

という記事を読んだところ。

思い返してみると、私が育った家庭は、スポーツ一家では決してなく、音楽一家である。

父は、30年だか、40年だか、ジャズバンドのトランぺッターを、いまだにしている。(職業ではない)

母は歌が好きで、ついこの前パリに行ったときに、かの有名なオペラ座にて、観光客の前で、ストリートミュージシャンと一緒に歌を披露するという、伝説を作る。

今もコーラス部で歌を歌っているし、私は、小さいころ休みの日の布団の中で、母と一緒に歌を歌うのがが好きだった。

そして、今8歳の私の娘も、同じことを言っている。

私も妹も、小さいころからピアノと琴を習っていた。

私は、ピアノは小学校1年から中学校3年まで。受験生になってやめたけども、

ムスメがピアノを始めたことにより、最近、また簡単な曲を弾いたりしている。

琴は、小学校1年から、高校3年まで毎週、大学に入ってからは、レッスンにたまに行くくらい、でも、いまだに一年に一度はリサイタルに参加しておる。

この前も、鹿児島の神社の祭りで演奏させていただきました。

そして、大学にはいってから、18から27歳くらいまで、ドラムを演奏していた。

大学のころは、本当に、毎日のように練習していたように記憶している。

古い記憶により、画像なし。

つーことで、言いたかったことはね

音楽って、ものすごく体にいいらしいよ。

ってこと。

考えてみるとさぁ

有名なスポーツ選手

有名なミュージシャン

比べてみると

ミュージシャンのほうが若々しく感じる気がするなぁ。

ぜひ、下の記事、脳科学者による、とてもわかりやすい説明、読んでみてください!

http://gigazine.net/news/20140730-play-instrument-benefit-brain/

まだ寝るには、早いんだよ。。

でも、とりあえず、おやすみなさい。。。

中島Jean優
英会話のJEC
http://jec.jellybean.jp/index.html

Jean * – * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です