結婚の魔物


おばんです。

Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンは、今日からスタートした、TOEIC初級レベルクラスより、ビジネス単語テスト。

英語で言ってみよう。

1 契約書

2 失業率

3 彼はめがねをかけている。

4 有効期限

5 ゴミ箱

1 契約書 contract paper

2 失業率 unemployment rate

3 彼はめがねをかけている。 He is wearing glasses.

4 有効期限 expiration date

5 ゴミ箱 trash bin

初級と言っても、TOEIC自体が元々中級以上の方が対象なので、単語、結構難しいよね。

はいはい、さてさて。

今日の良かったことはね

久しぶりに、昔の教え子ちゃんに会って、うちの教室から歩いて5分のところに新しくできた、素敵なフレンチカフェを教えてもらい

永作博美似の、かわいいオーナーのホームメイドのランチに満足したこと。

名前も写真も忘れたから、またご紹介します!

女子が好きそーーなところ。

永作博美は、男子が好きかもしれないね。

そして、今日から、企業レッスン後期スタート。

3週間ぶりに、高速をぶっとばし、夕方スタート。

レッスンスタート前に、前期受けてくれていた生徒さんに偶然出会ったとき

「あ、Jeanさん、おれ、やっとTOEIC500越しましたよ。」

と、嬉しいご報告、ありがとう。

今日から新しいメンバーが増え、お互いに、いつもは一番緊張する初めてのレッスン日だったけど、

今まで受けてくれている生徒さんが半分いたことと、なぜだか、このクラスの方は声が大きくて元気がよく、

結構スムーズにいって、楽しかったなぁ。

この企業レッスンだけです、私が日本語使ってレッスンするの。

普段は、全部英語だからね。

日本語でレッスンするのって、話術がいるから難しい。

英語で盛り上げるほうが、今の私には簡単。

ちなみに、企業レッスンでは、

「ビジネスライクなおねーさんは好きですか」キャラをめざし、

完全ビジネス着で、気合を入れて、行く。

タイトスカートと、キレイめなシャツとジャケットとかね。

これ、6年前くらいの写真なのに、ジャケットは、今日と同じでないか?!
逆にびっくり。

ま、良い。ばれなきゃ良い。

と、ばらしてしまうところがにくいね。

ジャケット着ていったけど、まだ鹿児島ではジャケットは暑い。

けど、

「She is putting on a jacket.」

(彼女は今ジャケットを着ている最中です。)

「She is wearing a jacket.」

(彼女はジャケットを着ています。)

の違い

という例文で、ジャケットを使っての実演ができたから、良し。

次に、まぁまぁきれいにしていくのが、うちの教室での英語レッスン。

「ビジネスカジュアルのきれいなおねーさんは好きですか」キャラを目指しておる。

シャツと細いパンツとか、きれいめセーターとスカートとかだね。

例)

冬以外は、たいてい裸足のあたりが、気合の入れ方が企業とは違うね。

なんと、教室で愛用していた靴の底が取れた。

靴箱に並べると、2度見してしまう感じ。

背が低いことがコンプレックスのあたしは、常にこっそり高い靴を履いている。

いくら、5歳の生徒さんに

「センセー、どーして、部屋なのに靴はくの?」

と言われても、にこっとして

「別にいいでしょ」

と返しております。

大学の実験のときは、マウス臭がついてもいいように、セーターなどは着て行かない。

けど、その後に、JECで英語レッスンがあるので、まぁまぁの恰好。

だが、マウスの実験中は、こんな、最高にかわいくない、実験着を着ております。

インターナショナル幼稚園でのダンスレッスンは、たまにしか行かないため、チアレッスンの中では、ちょっとかわいいTシャツを着る。

セイカでのキッズチアレッスンは、なるべく前週とは違うTシャツを着るように心がけている。

大人チアレッスンは、土曜日の夜なので、疲れ果てた状態で行くので、チアさえできればなんでも良い。

そして、家では

暑いときには、半分裸。

寒いときには、ボストンの登山の記念にと買ったかわいくないグレーのトレーナーと、黒いスパッツと、夏のぺらんぺらんしたスカートなど、ありえない組み合わせ。

それが9割、毎日同じ。

まだまだ鹿児島のマンションは暑いので、今もまたこれです。

いや、一応、このときから、洗濯はしたから。

いつか、外で、偶然に出会っただんなが

「うちの奥さんは、外で見るときれいですねぇ~」

と言っていたが、これぞ、結婚生活の魔物です。

あなたのために一番きれいでいたはずなのに

一番きたない自分をいつも見ているのが、家族です。

いえ、いえ、

ありの~ままの~

です。

あなたのために、朝早く起きてメイクをしていたのが、

妊娠と同時にぴたっとなくなり、

子どもが産まれるのと同時に「子どものために」に移行し、

世界で一番好きだったのが「あなた」でなく「この子」になり、

そんなものなのです。

そんな風に、人間はプログラミングされておるのです。

そんな奥さんに、

「メイクなんかしなくても、きれいじゃん。いつもありがとね。」

と、嘘でもさらっと言えるダンナが、世の奥さんからは求められていることを、そこだんなさん、わかってくれて、実行してくれると、奥さんから何かいいこと返ってきますよ。

以上、Jeanセンセーの

「ファッション講座+結婚の魔物に対しての対応策」

でした。

おやすみなさい。。。

Jean * – * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です