自分磨きにいくらかけますか?


おばんです。
Jeanです。

本日のあなたへの英語レッスンはお休みにして、こんな気になった記事をご紹介。

ベネズエラは「ミスユニバース」などのミスコンで、驚異のグランプリ出率を誇る国で、グランプリは何度も出ています。以前テレビでベネズエラの美人が多い理由について放映されていました。混血であることも大きな理由でしたが、ベネズエラが美人大国である理由はそれだけではありません。

小さい頃から美にエネルギーを注ぐ環境がベネズエラには整っていて、女の子の80%がモデル養成学校に通い、本格的なウォーキングなどの訓練を受けています。

つまり、親の関心が子供を美人に育てようとの意識が高く、子供たちは生まれた時から美意識が植え込まれるのです。

我が子供こそ未来のミスに、と親が子供にかけるのは月に約1万円。ベネズエラの最低賃金が約1万5千円であることを考えるとその意識がどれほどのものかがお分かりでしょう。

幼い頃から、モデコン養成所、ミスコン予備校に通い、ダイエット、ウォーキング、教養も学び、彼女たちは趣味でやっているのではなく真剣です。外面だけではなく全ての点で美しくなるよう自分を強いているので彼女たちの美しさは努力の結晶といえるでしょう。

まさに、才色兼備です。

では、日本の女性は美しくなるためにどれほどの時間と労力を使っているでしょう。

日経の調査で働く女性(平均30才)にアンケートをしたら、全国平均ですが、化粧品代・美容費・セルフケア費で¥21,839で、これに、教養費・スキルアップ費・習い事で¥35,183合計¥57,022外面・内面磨きに投資していることになります。

安いと感じましたか?高いと感じましたか?

この調査は独身者対象なので一般の主婦にとってはかなり高く感じるかもしれませんが、それでも多くの女性がご自身を磨くためにこんなに時間とお金をかけていることにびっくりしました。しかし、それが自己の内面外見を向上させる、と言う意味では高いわけではないかもしれませんね。

さて、ベネズエラの美人たちから学んだことは半端じゃない努力が影にはあるということ。最後に格言を……

「美には二つの種類がある。
一つは本能から生まれてくるもの、

もう一つは入念な研究の結果
から生まれるもの」(ゴーギャン)

 

【美人大国】

ベネズエラは「ミスユニバース」などのミスコンで、驚異のグランプリ出率を誇る国で、グランプリは何度も出ています。以前テレビでベネズエラの美人が多い理由について放映されていました。混血であることも大きな理由でしたが、ベネズエラが美人大国である理由はそれだけではありません。

小さい頃から美にエネルギーを注ぐ環境がベネズエラには整っていて、女の子の80%がモデル養成学校に通い、本格的なウォーキングなどの訓練を受けています。

つまり、親の関心が子供を美人に育てようとの意識が高く、子供たちは生まれた時から美意識が植え込まれるのです。

我が子供こそ未来のミスに、と親が子供にかけるのは月に約1万円。ベネズエラの最低賃金が約1万5千円であることを考えるとその意識がどれほどのものかがお分かりでしょう。

幼い頃から、モデコン養成所、ミスコン予備校に通い、ダイエット、ウォーキング、教養も学び、彼女たちは趣味でやっているのではなく真剣です。外面だけではなく全ての点で美しくなるよう自分を強いているので彼女たちの美しさは努力の結晶といえるでしょう。

まさに、才色兼備です。

では、日本の女性は美しくなるためにどれほどの時間と労力を使っているでしょう。

日経の調査で働く女性(平均30才)にアンケートをしたら、全国平均ですが、化粧品代・美容費・セルフケア費で¥21,839で、これに、教養費・スキルアップ費・習い事で¥35,183合計¥57,022外面・内面磨きに投資していることになります。

安いと感じましたか?高いと感じましたか?

この調査は独身者対象なので一般の主婦にとってはかなり高く感じるかもしれませんが、それでも多くの女性がご自身を磨くためにこんなに時間とお金をかけていることにびっくりしました。しかし、それが自己の内面外見を向上させる、と言う意味では高いわけではないかもしれませんね。

さて、ベネズエラの美人たちから学んだことは半端じゃない努力が影にはあるということ。最後に格言を……

「美には二つの種類がある。
一つは本能から生まれてくるもの、

もう一つは入念な研究の結果
から生まれるもの」(ゴーギャン)
(出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=342177502561592&set=a.189671024478908.39153.123162527796425&type=1&ref=nf)

気になる箇所

日経の調査で働く女性(平均30才)にアンケートをしたら、全国平均ですが、化粧品代・美容費・セルフケア費で¥21,839で、これに、教養費・スキルアップ費・習い事で¥35,183合計¥57,022外面・内面磨きに投資していることになります。

ほっほう、そうなんですか。

うちに来てくれる生徒さん方、英語のレッスンにお金をかけて自分を磨いているということですよね。
上記で言うと、教養費にあたるのでしょうか。

それにしても57000円、私は素直に高いな、と感じたが、私は自分磨きにどれくらいお金かけてるかを考えてみた。

月額で・・

自分の英語レッスン代金 10000円
ダンスレッスン代金 5000円
ビューティ関係代金 3000円
美容室代金 4000円

・・・

以上

ということは、私は自分磨きにかける代金は、働く30代女性としては一般的に低いのかもしれない。

けどさぁ~

うちに来てくれてる3歳男子によく言われてるもん。

「Jeanセンセー、かわいい

って。

「その服かわいい

って。

「そのネックレスかわいい

って。

で、自信回復している最中です。

ありがとう。大好きです、その男児。

言いたいことは、

30代なら5万も6万もかけなくてもいけるだろう!
ということ。

えぇ、40代になったら、またそのときにリアルな気持ちをお伝えします。

逆に言うと

働く30代女性なら、自分磨きに多少はお金かけたほうがいいかも。

とも思ったり。

そんな土曜の夜。

写真は、まだまだいけるんじゃないか、30代後半女子!
というお気に入りの写真。

注意:チアをしているときは、30代後半ということは内緒にしており、永遠の29歳ということにしてあります。 えぇ、一般ピーポーの期待を裏切るのはよくありませんので。

ちなみにここで30代後半女子はわたくしだけで、後のメンバーはキャピキャピなピチピチな、チアメンであります。

えぇえぇ、繰り返しますが、いつまでも自分のことを女子と呼ぶのはやめましょう。

そして、上に載せたようなベネズエラ美人のような写真が撮れるように、大人の香りの学習もするべきな、そんなお年頃・・

明日休み!
娘と遊ぶ!!

お休みなさい・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です