酒の意外な効力


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンは、うちの教室のキッズの生徒ちゃんたちが夢中になってやっている、デジタル英語教材の中からこんな質問。

英語で何という??

1 はいはいをする

2 折りたたむ

3 積む

4 寄りかかる

5 検査する

1 はいはいをする
crawl

2 折りたたむ
fold

3 積む
stack

4 寄りかかる
lean

5 検査する
inspect

たくさんの子どもたちが来てくれた今日。
Troyの会話レベル5のクラス。ここのレッスンは、たくさんのactivityがあって楽しいよねぇ。

Takaの会話レベル2のクラスには新しい子が体験に来てくれたけど、楽しかったと言ってくれて良かった。

大人も子供に追いつかれないように、がんばりましょう~

はいはい、さてさて。

「ブログ読んでますよ。」

と、いろんな方に言われることはうれしい限りで、

英語のことを中心に、いや、そうでもないかもしれないけれども、でも主な目的は

「英語にちょこちょこと触れてもらい、興味をもってもらう」

ということなんで、生徒さんや、生徒さんのお母さんに、そう言ってもらうととてもうれしい。

のだが、

先日小学生のカウンセリングに来てくれたお父さんや、今日、小学生をレッスンのお迎えに来てくれたお父さんに

「ブログ読んでますよ。」

と言われると、なんだか、恐縮するし、もっとまじめなことを書こうかなとも思うけれども、

いや、そんな少数のお父さんを意識してまじめなことを書くよりも、ふざけて楽しくいったほうが良い。

という結論。

そもそも、もっとまじめな内容ないい方は、このブログ読まないわね。

さ、ということでね。

今日はねー、すごくいいことがあったんだよ。

最近、体の不調を感じていた私。

背中がじんわりと痛いし、パソコンもあまり長くしないようにしたり、

空き時間には、少しの間でも昼寝をしたり、

そして、健康診断の結果が本日わかり

「んーー、理想的な数値ですね。」

だって。

そうかぁ、そうだと思ってたんだぁ。

と、急に元気になり。

こういうのを、医学界ではプラセボ効果と言います。

いわゆる、にせの薬を飲んでも、本物だと思ってたら本当に体に効くということが、科学的に実証されている。

人間って、案外、いい加減なもんですな。

しかもね、神様からすごい贈り物をもらった。

なんと!

Jeanセンセー39歳にして、身長が2ミリ伸びていた!!

ついでに体重も1キロ増えておりましたが、神様、その贈り物は不必要ですので、近々返却させていただきます。

そういえば、先週、大学院の2年間の成績も出て、成績はまぁまぁだけども、修士課程を卒業できる単位は出そろった。

この成績表を見て、思ったこと。

ふつーの大学生のときに所属していた人文学部だったときの成績表と同じくらいだな。
あのときは、日本の大学生らしく、てきとーーに授業を受けておりました。
ドラムばかりたたいておりました。
バイトばかりに精を出しておりました。
反省しています。
で、得意なものが多かったし、しかしまじめにしていなかったから、これくらいの成績。

今回は、医学部大学院ということで、レベルも高いし、苦手分野だし、ふざけて受けるほど余裕がないので、自分なりにはまじめにやりました。
で、この程度。

結局、私という人間は、この程度のものなんだろう。

でも、医学部大学院卒業できるくらいの能力はある、ということが証明されたようで、素直にうれしかった。

最後に残されているのは、一番大きなタスク。
修士論文。

担当の先生が、昨日いきなり

「論文、書いてます?」

え、え、私自力で、いきなり医学論文とか書くんですか?

無理でしょ。

と思うけれども、やっぱり大学院ってさ、何事も自分での問題解決が求められるんだね。
聞いたら教えてくれるけど、あちらから丁寧に教えてくれることって、あまりない。

ということで、急に焦りながら、今夜から論文制作に取り掛かり。

先生「夜、酒を飲みながら論文書くと、すごい進みますよ。

ま、次の日見ると、間違いだらけですけど。」

はい、採用させていただきます。

おやすみなさい。。。

Jean * – * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です