またも悪夢がよみがえる.. stressful な研究生活.


おばんです.

日本の皆さんの英語力を応援する
英会話講師のJeanです.

今夜のあなたへの英語レッスンは,
今日の初級レッスンでやったこちら.

エルモ1 ピーマン

エルモ 2 なし

エルモ 3 みかん

エルモ 4 もやし

エルモ 5 たけのこ

英語でなんという??

エルモ1 ピーマン  green pepper

エルモ 2 なし  Japanese pear

エルモ 3 みかん  tangerine / manderine  (orange はかたいやつね.)

エルモ 4 もやし  bean sprout

エルモ 5 たけのこ bamboo sprout

はいはい, さてさて.

3月も終わりですね.
月日が過ぎるのが, 恐ろしく早く感じる.

さて, 今週は, とっても嫌なことがあった.

毎週, 大学院の研究室にて, 記憶の研究を行っている私.

最近は, アルツハイマーの研究をはじめているところであり.

「アルツハイマーの研究をしています.」

と言うと, かっこよく聞こえるでしょ.

実際, 何をしているかというと,

マウスの頭に,ある物質を注射して,
本当に記憶が落ちているのか?

マウスのおなかに, ある物質を注射して,
本当に記憶が戻っているのか?

ということを見てるというやつ.

すごく興味ある分野だし,
うまくいけば, 役に立てるかもしれないし,

だけどね..

マウスに注射をしなくてはいけない..

ということで,
まだ頭に注射は無理なんで,
マウスのおなかに注射の練習中.

だけど, 注射とか嫌なのよ.
医学部だからしょうがないかもしれないけど,
そういう医療系のやつ, 嫌いなのよ.

だけど, 先生に

「Jeanさんも, 博士課程なんだし, そろそろ注射くらいできるようにならないとね.」

と言われ,

「えーーー. 注射ですか.. はい, はい, いやーーー, はい, えーーー..」

とごまかし続けてきたのも, もう限界でね.

そして, 先日.

マウスのおなかに注射の練習していたとき,
自分のミスのせいで, 一匹のマウスが死んでしまった.

2年前の悪夢が蘇った.

目の前で死んでいくマウスを見て,
いたたまれなくなり,
部屋を出て,
もう大学に戻りたくなりなり,
秘書さんに励まされ,
それを知った生徒さんのお母さんにメールをもらい,
先生に「しょうがないなぁ.」とあきらめられ,

それから2年間, 記憶の行動実験だけを続けてこれたのだが,

また, この壁.

マウスの寿命って知ってますか?

2年なんですよね.
2年で全部死ぬんです.

私達の薬って, どうやって作られてるか知ってますか?
動物実験の結果です.
数えきれない動物の死によって, 人間の薬ができている.

動物の死によって, 人間が長く生かされている.
そして, その動物たちの多くは, 動物実験のために生まれてきたものであり,
自然界にはいない.

うん, わかっている.
わかってるんだけど,

だけど,

「命を大事にする.」

という刷り込まれた意識に, 対抗するのにものすごくエネルギーが必要で,

精神がとても疲れる.

自分のミスで死んでしまったマウスを見て,
罪悪感にさいなまれ,
涙を流しながら,
手が震えながら,
次のマウスに注射を打つ.

その日の夜は, 自分の歯ぎしりの音で, 何度も目が覚めた.

強くなります. ほんと.
人生の修行です.

今でも, 思い出すと涙が出そうだけど.

私達がステーキを食べている背景に,
牛を育てる人もいれば,
牛を殺して食肉にする人も必要なわけであり.

そんな現実を受け入れ,

自分が選んだ道だから,
ね.

そうやっていろんなことを経験すると,
いろんなことが感じられる人になると思うし,

そう思って, 試練を乗り越える..

のかな.

できるのかな.

マウスの手術とか,
できるのかな..

できればやりたくない.

Stressful な最近の研究生活…..

おやすみなさい….

Jean
英会話のJEC
http://jec.jellybean.jp/index.html

Jean * – * 23:42 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です