局部の話


おばんです.
Jeanです.

今日のあなたへの英語レッスンは, こちら.

彼はコックです.

英語でどーぞ.

「He is a cook.」

そのままやんけ.

と思ったでしょう.

はい, そうなんです.

でも, 日本語の「コック」 は 英語では「クック」 と発音します.

ちなみに, 「コック」 というと 英語では「cock」という単語に聞こえます.

そうなると, 全然違う意味の単語になっちゃって,

1 おんどり

2.「男の人の局部」
(写真掲載不可)

という意味になるので, 厳重注意.

ということで,

大人になったら, LとRの発音の違いとか, そういう細かいことは気にしなくていいんだけども, でも,

発音を間違えると, たまに大変なことになることもある, という話.

はいはい, さてさて.

今日はねー

午前中に, インターナショナル幼稚園のレッスンに行ったら,

「Jean, you had a hair cut!」

と, すぐに髪を切ったことに気がついてくれた5歳女子に

「Same hair!!」

と言われ, ちょっとがっかりした.

昨日も, 8歳のムスメに

「小学生みたいだね.」

と言われたしなぁ.

おかしいな, 巷では, ショートヘアが流行っているはずなのになぁ・・・

えぇ, 気を取り直して.

先日, ちょっくら野暮用で, 婦人科に行ったときのこと.

修士論文を書き終わったら, やりたかったことのひとつだったので.

で, そこの婦人科の先生, 推定45歳くらいの男の先生との会話

婦人科の先生「じゃぁ, 検査を受けられる日程を決めようか. お仕事してます? いつが空いてますか?」

私「仕事してます. えーーーっと, じゃぁ, 明日だったら, 13時から16時までなら時間取れます. その次に時間取れるのは, 来週の, えーっっと…」

先生「あなた, なんの仕事してるの?」

私「あぁ, 英会話を教えてます.」

先生「えーー, そうなの?? そんけーーい! 僕, 英語苦手なんだよー!」

って, 先生, そんな日常会話いらない.

先生にとっては, だれでも同じようなもんだろうけど,

でも, あんなとこ見られた後で, そんな日常会話なんて, 普通の人はしたくないんだぞ.

ということで, 今日は, 局部の話でした.

人間, 生きていれば, いろんなことがあるもんだ.

おやすみなさい….

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です