こんな大人になりたい。 大人の幸せ論。


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を応援していますが、

今夜は疲れすぎて、ぼろぼろのJeanです。

 

 

今夜はさらっと、さきほどやった上級レッスンより。

 

「しょうがない。」

 

英語でいうと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I can’t help it.

 

よく使うフレーズですね。

 

 

はいはい、さてさて。

 

「来週出発、子どもコースのお子ちゃまたちとオーストラリア2週間ホームステイ」


 

「10月出発、2年に一度の大人の海外ツアー ラスベガス&グランドキャニオン」

 

というプランがかぶってしまい、やらないといけないことが死ぬほどある。

 

 

いやね、それはいいの。

こういう作業は、その先にわくわくが待っていることはわかっている。

生徒さんにも喜んでもらえるし、

こいうプランニングは、どんだけ大変でも大丈夫。

 

 

そんな中、

 

今朝9時から、小学5年生のムスメの教育相談を、30分前まで忘れていた件。

 

オーストリア出発2日前、唯一の最後の休日は、町内の子供会の係になっており、子どもみこしに連れ添って、半日町を練り歩く件。

 

PTAの保体部長ということで、アンケートを集計して提出するため、ものすごい書類が届いた件。

 

オーストラリア滞在中、町内会のラジオ体操の係になっており、どこか別日に他の人と変わってもらわないといけない件。

 

 

そういうの、苦手です。

生徒さんのため、JECのためなら、どれだけでもがんばれるんだけど、

その他のプライベートなことががんばれない。

キャパオーバー。。

 

 

 

 

はい、気持ちを切り替えてっと。

 

昨日、約一年ぶりに会った、昔から知っている生徒ちゃんとの会話で、

とても心に残ったことがあったので、ご紹介。

 

 

彼女はとてもちいちゃくて、とてもまじめに英語を勉強してくれていた、あのころ中学1年生。

私、中学校の英語の先生になりたての、新任の23歳。

 

その後、約10年以上経過後、JECに来てくれたのが、もう5年くらい前かな。

外国に住んでみたいけど、まだ勇気がないと言いつつ、英語のレッスンをしっかり受けてくれていた彼女。

一大決心をしてカナダに行った後、あちらでお仕事をゲットし、3年ほどカナダ在住。

 

先日、帰国している途中会いにきくれて、ランチの合間のセリフがとても心に残った。

 

生徒ちゃん「私、カナダに行く前は、本当にふつーーの日本の女子で、このまま薬剤師の仕事続けて、結婚して、子供産んで、って思ってたんですけど、カナダに行ってから、もっと楽しいことしたい、もっといろんな国に行きたいって思って、かなり変わったと思います。」

 

 

それ、いつだったか、私にも起こった意識革命。

 

「もっと楽しいことしたい、もっとわくわくしたい」

 

それって、大人になると忘れがちな感情だけど、

自分たちが子供のころにもっていた、素直な気持ちだよな。

 

大人になったから、あきらめたほうがいいというなら、大人になるのが悲しくなる。

そんなことないよ、大人になったら、もっと楽しくなるよ。

 

という生き方を子どもたちに見せるのが、大人の責任じゃない??

 

 

そんな気持ちを思い出させてくれた、彼女との久しぶりの再会。

 

 

今日の教訓

 

★ 1 楽しいこと、わくわくすることをやり続けられたら、どんだけいい人生か!

 

★ 2 手に職を含め、他の人ができない仕事ができるという人間になれると、すばらしいな。

 

私も、そんな人生、そんな人を目指しながら、

生徒ちゃんと食べた、豚しゃぶスープが美味しかった。

 

 

 

 

たくさんの生徒さんとの出会いが、自分を作っていく。。

 

おやすみなさい。。

 

Jean

英会話のJEC

Jean * – * 01:17 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です